ちょっと体調がすぐれない時でも、おかゆなら食べられたりしますよね。

 

同じようにおじやも胃に優しくて食べやすいですが、さて「おかゆ」と「おじや」ってどう違うのでしょうか?

 

おかゆ専門店はヘルシーなイメージで人気ですが、おじや専門店って聞かないし。何が違うのでしょうか?

 

ということで今回は、「おかゆ」と「おじや」の違いを気になったので調べてみました。


スポンサーリンク

おかゆとおじやの違いは?言葉の由来は?

おかゆとは

おかゆは、ご飯を炊くのと同じですが、水分量が違います。

  • 米1に対して、水が20の三分粥
  • 米1に対して、水が10の五分粥
  • 米1に対して、水が7の七分粥
  • 米1に対して、水が5の全粥

など水分量を変えることで、いろいろなおかゆができます。

おかゆ おじや 違い
(画像引用元:https://cdn.macaro-ni.jp

 

風邪や病気で食欲がない時に、水分多めで具なしの白粥を炊いて食べさせたりしますね。

 

炭水化物の補給と、水分補給を同時に行えるおかゆは病人にはぴったりの食事です。

 

おかゆの上の上澄み液のことを重湯(おもゆ)と言います。

おかゆをまだ食べられない赤ちゃんや病人には重湯を飲ませることもあります。

 

お米がメインですが、粟やそばなどの雑穀を使って作られることもあります。

 

元気な人がおかゆを食べる時は、野菜やお肉などを一緒に炊くこともあります。

中華粥などはとっても美味しいですよ。

おじやとは

炊いたご飯を出し汁やスープで煮て作るのがおじやです。

おかゆ おじや 違い
(画像引用元:https://food-cooking.jyuusya-yoshiko.com

わざわざおじやを作るというよりは、鍋のシメに食べられることが多いですね。

 

もともとは宮中で使われていた言葉で、おじやを作る時に「じゃじゃ」と聞こえるので、「お」をつけて「おじや」になったと言われています。

 

鍋なら残りの具を一緒に入れて、ごった煮のようにして食べることもあります。

 

消化に優しい一面もありますが、たっぷり鍋料理を食べた後に、ご飯ものでシメる、と言うイメージですね。

スポンサーリンク

おかゆとおじやと比べて…

おかゆもおじやも米をたっぷりの水分で炊きます。

  • おかゆ:生米の状態から炊く
  • おじや:炊けたご飯を煮込む

 

最初の状態が生米なのか、炊きあがったご飯なのかが違います。

 

おかゆは水で炊くことが多いですが、中華スープなどの味付きスープで炊くことできます。

 

おじやを水で煮ることもありますが、野菜や肉、卵などを入れて具沢山にすることが多いです。

 

このようにおじやとおかゆには違いが結構あるのです。

おかゆとおじやの違いからあなたの好みはどっち?

生米からお粥を炊くのは面倒なイメージですが、最近は炊飯器におかゆモードがあるので水分量の調整だけで簡単に作れます。

 

我が家では冷ご飯でおじやにする方が多いなぁ。

 

基本的な白粥やアレンジしたおかゆ、残り物のおじやなど、いろいろと試してみてください。

 

せばな~