実家に帰った時におかきを見た子どもが「おせんべいだ!」と喜んでいました。

でも袋には「おかき」って書いてる?!

 

お米を材料にして作られるお菓子、おかきとおせんべいですが、いったいどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、「おかき」と「おせんべい」の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

おかきとおせんべいの違いは?

おかきとは

おかきの材料はお米ですが、お餅を作る時に使う「もち米」から作られています。

おかき おせんべい 違い
(画像引用元:http://www.takeshin.co.jp

同じくもち米から作られるものに、「あられ」があります。

 

そのため「おかき」と「あられ」は同じものですが、一般的に大きさで呼び分けられています

おかき おせんべい 違い
(画像引用元:https://image.space.rakuten.co.jp

小さいものがあられで、寒い季節に降る霰(あられ)に似ているからそう呼ばれます。

ひなあられが有名ですね。

 

関東では「あられ」「おかき」と呼び分けていますが、関西ではどちらも「おかき」と呼ぶこともあります。

 

もともとは神様にお供えしたお餅が固くなったので、木槌などで割って焼いたり揚げたりして食べたのが始まりです。

 

「欠き餅」→「かきもち」→おかき(丁寧語の「お」がついた)と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク

おせんべいとは

おせんべいの材料はお米ですが、普段食べるご飯と同じ「うるち米」から作られています

おかき おせんべい 違い
(画像引用元:http://image1.shopserve.jp

飛鳥時代に中国から日本に伝わった「せんべい」ですが、当初は小麦粉を水で練って油で言ったものだったそうです。

今のせんべいとは全く違いますね。

 

江戸時代になって、茶屋で余った団子をつぶして食べたのがせんべいの始まりと言われています。

 

草加せんべいで有名な埼玉県が発祥地だと言われています。

とっても固いことで有名な草加せんべいですね。

おかきとおせんべいの違いは材料

おかきもおせんべいも、材料はお米です。

 

しかし、

  • おかき   もち米
  • おせんべい うるち米

と、お米の種類が違うのですね。

 

お米が材料と合って、米どころではおかきやおせんべいの製造が盛んです。

 

もしかしたらお米の銘柄によっても味が違うのかなあ?

ご当地おかきやおせんべいを食べてみるのも楽しそうですね。

 

我が家ではおにぎりせんべいが定番のおやつです。

皆さんはいかがですか?

 

せばな~