大阪土産に粟おこし。

昔懐かしいお菓子ですね。

 

しかし東京には雷おこしがあるし、似たような岩おこしもあったはず。

そんな、おこしの違いは?

 

ということで今回は、おこし、雷おこし、粟おこし、岩おこしの違いについて調べてみました。


スポンサーリンク

おこし、雷おこし、粟おこし、岩おこしの違い

おこしとは

おこしとは、もち米やうるち米、粟などのおこし種に豆やゴマなどを混ぜて、水飴や砂糖を加えて形作ったお菓子です。

おこし 雷おこし 粟おこし 岩おこし 違い
(画像引用元:https://kotobank.jp

「おかし」がなまって「おこし」になった、とも言われています。

弥生時代に遺跡からも似たようなお菓子が出土しているほど、歴史のあるお菓子です。

雷おこしとは

雷おこしとは、浅草寺の門前で売りだしたお菓子です。

おこし 雷おこし 粟おこし 岩おこし 違い
(画像引用元:https://tokiwado.tokyo

うるち米を蒸した後、炒って膨らんだ米と合わせて、水飴や砂糖、落花生も一緒に固めたお菓子です。

柔らかくてサクサクとした食感が特徴です。

粟おこしとは

粟おこしとは、名前とは裏腹に粟ではなく、米をを蒸して砕き、砂糖や水飴で固めたお菓子です

おこし 雷おこし 粟おこし 岩おこし 違い
(画像引用元:https://www.tsunose.co.jp

米を蒸した後砕いているので、雑穀の粟を使っているように見えますが、割れた米などの二級米を有効利用したお菓子です。

もともとは粟を使っていたそうです。

スポンサーリンク

岩おこしとは

岩おこしとは、粟おこしの米をもっと細かく砕いて、水飴や砂糖でしっかりと岩のように固く固めたお菓子です。

おこし 雷おこし 粟おこし 岩おこし 違い
(画像引用元:https://www.daikoku.ne.jp

細かい分しっかりと固まって固くなるので、岩おこしと言われます。歯が欠けるほど固いので、食べる時には要注意です。

 

黒糖の甘さに合うように、生姜を効かせているので、甘い中にもピリッとからいバランスが人気の秘密のようです。

おこし、雷おこし、粟おこし、岩おこしは穀物を使ったお菓子で違いあり!

米や粟を蒸して砕いて、砂糖や水飴で固めた「おこし」が基本形ですが、落花生を入れたサクサクとした「雷おこし(東京)」や米を粟のように砕いた「粟おこし」、もっと細かく砕いて固く固めた「岩おこし」などいろいろな種類があります。

 

子どもの頃は岩おこしの生姜味が苦手でしたが、大人になると固いながらもピリッとした生姜が美味しく感じます。

 

昔懐かしいお菓子ですが、一口サイズのおこしなども売られるようになって、味やバリエーションが増えてきました。

久しぶりにみなさんも食べてみませんか?

 

せばな~