スーパーはもちろん、最近では24時間営業のコンビニでも色々なお惣菜が販売されていて、とっても便利。

時間がないときや、もう1品欲しいときにも助かる存在ですよね。

 

でもそういったお惣菜を食べると決まってお腹の調子が悪くなるんです。

 

なぜスーパーやコンビニのお惣菜で腹痛や下痢になるのでしょうか?

 

ということで今回は、スーパーやコンビニのお惣菜で腹痛・下痢になる理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

スーパーやコンビニのお惣菜で下痢・腹痛と危険?原因とそれでも食べたい時は?

お惣菜で下痢・腹痛の原因

劣化した油の食あたりが原因?

殆どの下痢・腹痛の原因は、「劣化(酸化)した油」による「食あたり」に該当するのではないかという情報が多いです。

お惣菜 下痢
(画像引用元:http://tomi.ctv-blog.jp

 

そもそも油は体内で消化しにくいもので、体内に備蓄されているミネラル分を消費して消化しようとするそうです。

 

そのため、体内のミネラルが不足して代謝がうまく働かなくなります。

 

脂っこい食事をすると胃がもたれるなどの症状は、このミネラル不足とも言われています。

 

ところが、酸化した油は通常の油の何倍も消化しにくい状態になっているそうです。

 

そのため体の中の消化というシステムが完全に崩壊してしまい、下痢や嘔吐という症状になってしまうのです。

スーパーやコンビニのお惣菜の危険性

劣化・酸化した油がお腹の調子を悪くすることはわかりました。

 

そんな中、スーパーやコンビニなどで使用されている油のほとんどが、朝の始業時刻から閉店まで入れ替えられることがありません

スーパー お惣菜 危険
(画像引用元:http://www.ed.city.kasama.ibaraki.jp

一度油を冷まして、機械から油を抜いて、拭き上げて、新しい油を入れる、これだけでゆうに数時間を要するのです。

 

劣悪な会社だと、2、3日油を変えないというところもあるそうです。

 

また、出来上がったお惣菜が商品として陳列されてからも更に油の酸化は続きます。

 

それだけでなく、スーパーやコンビニなどのお惣菜にはビタミンやミネラルを補給できるものが極めて少ないのが現状です。

スポンサーリンク

それでもスーパーやコンビニの惣菜を食べたい場合は?

そうはいってもやっぱりスーパーやコンビニのお惣菜は便利ですし、たまにはお世話になりたいものですよね。

 

そんな時はできるだけ煮物や焼き物から選ぶとか、一緒にビタミンやミネラルを摂取できるものを選ぶと良いでしょう。

 

近年ヘルシー思考が高まっているせいかサラダやお野菜のお惣菜も増えてきています。

スーパー お惣菜 危険
(画像引用元:https://tblg.k-img.com

 

 

1品はスーパーやコンビニで購入して、他は自分で作るなどの工夫も必要ですね。

 

もちろん、お店によっては数時間(数回)に1回は油を変えるなど丁寧な調理をされているところもあるかもしれません。

 

そういったスーパーなどを近所で探しておくのも良いかもしれませんね。

お惣菜で下痢・腹痛と危険な原因は劣化した油!上手く活用していこう!

確かに、私はサシがたっぷり入ったお肉や、ファストフードなども弱いタイプです…。

どれもこれも油が原因だったなんてちょっとショックですね。

 

お肌にもよくない過酸化脂質。

できるだけ自分の生活から切り離せるように努力しなくてはいけないと思いました。

 

みなさんも、お惣菜を便利で美味しくのも分かりますが、ほどほどに上手く活用していきましょう!

 

せばな~