お正月に鏡餅を供えたら、鏡開きでぜんざいにして食べる。お正月に鏡餅を供えたら、鏡開きでぜんざいにして食べる。

お正月の終わりを告げる行事ですね。

 

我が家では粒あんでぜんざいを作っていたのですが、こしあんの方が美味しい、汁粉の方がいい、など人によって意見がいろいろあります。

 

粒あんの方が美味しいと思うけれど、滑らかなこしあんも捨てがたい。私はぜんざいが好きですが、おしることどう違うのは、はっきりと説明できません。

 

ということで今回は、おしることぜんざいの違いと、そのレシピを調べてみました。


スポンサーリンク

「おしるこ」と「ぜんざい」の違いとレシピは?

「おしるこ」と「ぜんざい」の違いは?

関東地方では「汁気が多い」「汁気が少ない」か、関西地方では「粒あん」か「こしあん」かで、「しるこ」と「ぜんざい」が分かれます。

 

ちなみに関西地方では、汁気のないものを「亀山」や「金時」と呼びます。

おしるこ

おしるこ ぜんざい 違い
(画像引用元:http://www.mochizuki-inc.jp

お汁粉の名前の通り、汁気のあるあんこが入った食べ物です。

そして地域によって意味あいが違います。

 

【関東地方】

汁気が多い温かいおしるこ。焼き餅を入れて食べることが多いです。
こしあんを御前しるこ、粒あんを田舎しるこ、と呼び分けることもあります。

 

【関西地方】

こしあんで汁気が多い温かいおしるこ。
焼き餅や白玉を入れて食べることが多いです。

スポンサーリンク

ぜんざい

おしるこ ぜんざい 違い
(画像引用元:http://www.sirogohan.com

善哉と書いて、ぜんざい。

名前の由来は一休和尚が食べて、余りの美味に「よきかな」と言ったことによるとか。

これも地域によって意味あいが違います。

 

【関東地方】

汁気の少ない粒あんに、焼き餅を入れて食べることが多いです。
白玉を入れる時は、冷たいぜんざいが多いです。

 

【関西地方】

粒あんで汁気が多い温かいぜんざい。
焼き餅や白玉を入れて食べることが多いです。

 

2.「おしるこ」と「ぜんざい」のレシピ

小豆から餡を焚くのは大変なので、市販のあんこを使って作ります。

 

【材料】
あん(つぶあんでもこしあんでもOK) 200g
水   180cc
塩   一つまみ餅

 

【作り方】

①餅を焼きます。
②鍋に餡と水を入れて煮ます。焦がさないように中火の弱火で混ぜましょう。
③餡が甘いので砂糖は不要です。
④混ざりあったら塩を入れて味を調えます。
⑤器に入れて、焼きもちを飾りましょう。

 

ゆであずきでも作ることができます。

メーカーによって甘さが異なるので、味見をしてから砂糖を入れてください。

「おしるこ」と「ぜんざい」の違いを知って料理レシピで作ろう!

寒い季節に温かいあんの食べ物はほっこり安らぎます。

家で食べる時には、粒あんでもこしあんでもどちらも美味しくいただけます。

 

小豆から炊くときは濾すのが大変なので、粒あんのぜんざいを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

我が家では1月後半は餅のある限り小豆を焚いてぜんざいをいただいています。

自分好みの甘さで作れるので美味しいですよ。

 

せばな~