最近、関西方面出身の方と話をする機会が多く、食文化の違いにとても驚かされています。

関東と関西以外にも地域によって違いがあるのは当然だとは思うのですが、同じ日本でもこんなにも違うものがあるというのはすごいですよね。

 

そんな中で、お雑煮に関西と関東で違いがあるのですが、その違いは?

 

ということで今回は、お雑煮の関西・関東の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

お雑煮で関東と関西の違いは?

関東のお雑煮とは?

東京を中心に関東地方で多く食べられているお雑煮はカツオと昆布の出汁がベース。

醤油味で、すまし汁のような汁が中心ですが、すまし汁の出汁は様々なので各家庭で様々な味になっています。

お雑煮 関西 関東 違い
(画像引用元:https://park.ajinomoto.co.jp

 

具材は鶏肉、大根、小松菜、人参など。

お餅はのし餅を切った角餅を焼いてから入れるのが多いようです。

 

東京周辺には武家が多く、「敵をのす」という験担ぎの「のし餅」という説や、江戸の人口が多くてたくさんの丸餅を丸めるのが大変だったため、のし餅が主流になったという説があります。

関西のお雑煮とは?

京都を中心に関西地方で多く食べられているお雑煮は白味噌仕立てです。

お雑煮 関西 関東 違い
(画像引用元:https://www.bob-an.com

 

具材は里芋、大根、人参など。

お餅は焼かない丸餅が多いようです。

 

これは「その年を丸く収める」という意味合いや、満月の形を連想させる「縁起のいい食べ物」としての意味合いが強いようです。

 

また、大阪では元旦には白味噌味のお雑煮を食べ、2日はお醤味のすまし汁でお雑煮を食べるというところもあるようです。

スポンサーリンク

お雑煮とは?

お雑煮はお餅を主材料とした汁料理のことです。

 

お正月に食べる事が多いお雑煮ですが…もちろんお正月以外に食べても問題ありません。

 

家庭料理の一種なので地域はもとより各家庭で作り方や味付けが様々なのが特徴です。

お雑煮で関東と関西の違いだけでなく家庭の数だけ味がある

今回は大きく関東と関西に分けてお雑煮の特徴を調べてみましたが、お雑煮は同じ関東でもそれぞれに味や作り方が違うという事がわかりました。

 

各家庭の好みなども加わって、それぞれの味があるお雑煮。

我が家の味も末永く続く慣習の1つとして大切にしていきたいと思いました。

 

せばな~