2016年 末には「今年の一皿」としてグルメサイトでも取り上げられたパクチー。

 

でも、実際には香も強くて苦手な人も多いので「どうしてこんなにブームになってるの?」と不審に思う人もいるのではないでしょうか?

 

ということで今回は、パクチーブームが始まったきっかけや、本場タイでの正しい食べ方についてご紹介します。


スポンサーリンク

なぜパクチーブーム?始まりきっかけは?メイン・主役は嘘!

パクチー好き世代がムーブメントを巻き起こす?

昭和世代の大人達が子供の頃は、まだ和食が主流でアジア料理と言ったら中華料理かカレーくらいでした。

 

そんな中でタイ料理のようなお料理に薬味として乗っているパクチーは臭くて癖がありすぎる異色の存在だったのです。

 

ところが現代のムーブメントを作り上げる10代後半~20代の平成生まれの人たちはアジア各国の料理に子供の頃から親しみがあり、パクチーも子供の頃から食べていたという人もいるようです。

パクチーブームの始まり
(画像引用元:https://ssl-ustat.amebame.com

そんな若者達がSNSで「パクチー山盛り」「パクチスト」などと盛り上げた事でブームが始まったと言えます。

健康思考も人気を後押し?

実はパクチーには排毒作用や抗酸化作用が強く、美容と健康を求める女性達にも絶大な支持を得ています。

パクチーブーム きっかけ
(画像引用元:http://column.asken.jp

そして、これまで市場ではなかなかパクチーを見る事はなく、パクチーを手にいれる為にはタイ料理食材店や大型の輸入食品店などに行くしかありませんでした。

 

近年輸送技術や保存技術の発達で新鮮なパクチーが一般的なスーパーに並ぶ機会も増えました。

 

1990年代のタイ料理ブームを懐かしむ主婦層がパクチーを買い求めるようになったのもブームを後押ししたのでしょう。

スポンサーリンク

本場タイではメインには使わない

日本では「パクチーサラダ」「パクチージュース」などパクチーをメインにしたお料理も続々と登場しています。

パクチーブームの始まり
(画像引用元:http://www.cadmef.org

でも、パクチーを良く食べる習慣があるタイの方に言わせると、違和感があるそうです。

 

実はパクチーは元々「酸っぱくて辛くて甘い」タイ料理の刺激を中和する役割で薬味としてパクチーが使われています。

 

確かに薬味としてパクチーはいろいろな料理に使うものの、メインに使ったお料理はタイ料理にはないそうですよ。

パクチーブームの始まりきっかけは美容効果とSNS?嘘のような食べ方で本場は困惑!

食の調査などを行う「ぐるなび総研」で2016年には「今年の一皿」にも選ばれたパクチー料理。

 

私はタイ料理もパクチーも好きなのでパクチー山盛りもパクチーサラダもとても嬉しいです。

 

夏に向けてまだまだパクチーブームは続きそうですね。

 

せばな~