スパゲッティが食べたいと思って、パスタ料理屋さんに入ったのですが、メニューにはスパゲッティとパスタと分かれています。

 

スパゲッティもパスタも同じ麺類を指す言葉ではないの?

そんな、スパゲッティとパスタの違いとは?

 

ということで今回は、スパゲッティとパスタの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

パスタとスパゲッティの違い

パスタとは

パスタとは、小麦粉を使った料理のことで、イタリア語で「麺類」の意味があります。

 

小麦粉を使った料理を指すので、パスタの太さもいろいろ、パスタの形もいろいろ、全部で650種類以上もあると言われています。

パスタ スパゲッティ 違い
(画像引用元:https://cdn.macaro-ni.jp

 

また、太さによって以下のように呼び名が変わるパスタがあります。

  • 3~5mm マカロニ 円筒状のパスタ イタリア語ではマッケローニ
  • 8~15mm リガトーニ 縦に筋が入っているパスタ
  • 20~30mm マニケ 太い円筒状

 

さらに、その他形によって以下のように呼び名が変わります。

  • ラザーニェ 平たい板状のパスタ
  • ラビオリ  生地の中に詰め物をしたパスタ
  • ニョッキ  コロンとした形のパスタ
  • ペンネ   ペンの先のような形をしたショートパスタ

スポンサーリンク

スパゲッティとは

スパゲッティとは、細いひも状のパスタの一種です。

パスタ スパゲッティ 違い
(画像引用元:http://european-style.net

 

そして、スパゲッティだけでも、太さによって以下のように呼び名が変わります。

  • 2mm以上 スパゲットーニ
  • 2mm   スパゲッティ
  • 1.6~1.7mm スパゲッティーニ
  • 1.4~1.5mm フェデリーニ
  • 1.0~1.1mm カペリーニ

 

日本では太さにかかわらず、長いパスタはスパゲッティと呼ばれることが多いです。

太さによって茹でる時間や、合うソースが変わってきます。

スパゲッティはパスタの一種で違いあり!

イタリアでは小麦粉を使った麺はすべてパスタと呼ばび、日本人になじみのスパゲッティはパスタの一種です。

 

私はスパゲッティが好きですが、冷製パスタの時はカペリーニという細い麺を使います。

 

麺の太さやパスタの形、厚みによって名前が沢山付けられているのは、さすが麺類にこだわるイタリアって感じです。

 

自分で使うのはスパゲッティかマカロニくらいですが、たまには違うパスタを使って料理するのも面白そうですね。

 

みなさんも、様々なスパゲッティやパスタを駆使して美味しい料理を作りましょうね!

 

せばな~