つまみで食べられるピーナッツがありますが、落花生と同じような食べ物があります。

 

そんなピーナッツと落花生の違いは?

 

ということで今回は、ピーナッツと落花生の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ピーナッツと落花生の違いは?同じ種類?

落花生とは

落花生は殻付きの実のことを指し、日本語です。

ピーナッツ 落花生 違い
(画像引用元:https://www.olive-hitomawashi.com

落花生とは、マメ科ラッカセイ属の1年草で、南米原産の野菜で、種子を食べる事が出来ます。

 

黄色い花を咲かせて受粉した後、茎が下に伸びて土の中に入って土の中で実が大きくなります。

 

この様子が「花が落ちて土の中で実を生む」ということで、落花生と名付けられたようです。

 

網状の凸凹した殻の中に、茶色い薄膜に包まれた実が入っています。

殻ごと炒って実を取り出して食べたり、湯がいて食べることもあります。

スポンサーリンク

ピーナッツとは

ピーナッツとは、英語でpeanut、日本語で落花生、つまり同じものを刺します。

ピーナッツ 落花生 違い
(画像引用元:http://image.rakuten.co.jp

ただ日本では、殻付きのものを落花生、取り出した実をピーナッツと呼ぶことが多いです。

 

茹でたり炒ったりした後、塩やバターで炒めたピーナッツもあります。

 

ピーナッツバターやピーナッツオイルなどの加工食品も、ピーナッツとつくことが多いです。

 

茶色い薄皮を剥かれた状態で出回っていることが多いですが、たまに薄皮のついた茶色のピーナッツも売られています。

ピーナッツと落花生の違いは殻があるかないか!同じ種類だった!

ピーナッツと落花生は同じ植物を指す言葉です。

 

しかし日常生活の中では落花生は殻付きの豆、ピーナッツは殻が向かれて、すぐに食べられる状態の豆を指すことが多いようです。

 

みなさんもピーナッツと落花生の違いを知って、買ってみましょうね。

 

せばな~