緑色のピーマンを買ったつもりだったけど、パプリカのように赤くなってしまったことはありませんか?

 

そんな、ピーマンが赤くなってしまったらどうしたらいいのでしょう?

 

ということで今回は、赤くなってしまったピーマンは食べられるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

ピーマンが赤くなったら?赤色に変色しても食べれる?

ピーマンがパプリカのように赤くなる理由

緑色で販売されるピーマンはナス科の中でも唐辛子属の植物。

対してパプリカはベル型ピーマンという違う植物に当たります。

ピーマン 赤くなった
(画像引用元:http://kerokero-info.com

 

実は緑色のピーマンは「未熟果」で、独特の苦味を楽しむために緑の時に収穫されています。

 

ところが育ったピーマンを収穫せずにいると、だんだん色づいて赤くなるのです!

 

この赤くなったピーマンが「完熟」の状態で、トマトが緑の実から赤く色づくのと同じ原理なんです。

 

収穫後も状態が良ければ追熟が進み、ご家庭の冷蔵庫の中で赤くなる事は良くあることです。

赤くなったピーマンは食べられる?

完熟トマトが柔らかくて甘みが増すように、ピーマンも赤くなると完熟になると柔らかくて甘みが増して美味しく食べられます

ピーマン 赤くなった
(画像引用元:http://www.granmedia.biz

 

むしろ苦味や青臭さが減るのでピーマンが苦手な人でも食べやすいので、ピーマン嫌いなお子様に克服してもらいたい時などにももってこいです。

 

ただし、赤くなったピーマンは腐りやすいです。

 

市場に赤くなったピーマンが出回りにくいのは、完熟させるまでの期間が長くてコストがかかる割に、腐りやすくて流通に不便なのが理由だと言われています。

 

赤くなったピーマンはできるだけ早くいただきましょう。

スポンサーリンク

赤くなったピーマンの栄養効果

一般的にお野菜も果物も完熟の物は栄養価も高くなると言われます。

 

ピーマンもその例に漏れず、完熟の赤くなったものの方が全体的な栄養価が高くなります。

 

ピーマンに多く含まれるビタミンCやカロテンは緑のピーマンに比べて3倍近くも増えるそうです。

 

更に青臭さや苦味の素であるピラジンは減っていきます。

 

そしてカプサンチンという抗酸化作用の高い赤い色素が増えるので、完熟の赤ピーマンは美容と健康にもってこいなのです!

ピーマンが赤くなったら栄養効果は女性向き!赤色に変色しても食べれる!

苦味がなくなって、栄養価も高くなるなんて、むしろ赤いピーマンを食べたいですよね!!

 

市場にはなかなか出回らないようですし、家庭菜園で赤いピーマンになるまでじっくり育ててみようかと思います。

 

みなさんも、腐りやすいですが、美容健康に赤くなったピーマンを食べてみませんか?

 

せばな~