苦手のひとが多いけど大人気のピーマン肉詰め!

自分はあの外はピーマンでカリッとなり、中にバターが入ったジューシーなピーマン肉詰めは大好物です。

 

ところがいざ焼いてみるとピーマンと肉が剥がれてしまって、無残な結果になったことはないでしょうか?

 

ということで今回はピーマンの肉詰めではがれにくく、肉がしっかりくっつくようにするコツ・作り方を紹介します。


スポンサーリンク

はがれる!ピーマン肉詰めではがれない・はがれにくく!肉がくっつくコツ・作り方は?

ピーマンの肉詰め はがれる

ピーマンの肉詰めではがれる原因は肉がちゃんとピーマンにくっついていないのが問題ですが、

単にピーマンに肉を詰めるのが甘かったり、肉は焼くと縮んでしまって隙間ができてくっつかなくなる場合があります。

 

そういったことを気をつけてギュウギュウに詰めるのも、良いですがもっと簡単に焼いてもくっつく方法を紹介します。

片栗粉を使ったピーマン肉詰めではがれない方法

ピーマン肉詰めではがれない方法といえばピーマンに片栗粉をつけてくっつく方法ですね。

また片栗粉でくっつきますが、注意点としてはそれでも肉をしっかり詰め込むことが大切です。

 

ただひとえに片栗粉を付ける方法でも色んな方法があったので紹介します。

内側に塗りつける

ピーマンの内側に指で塗りつけて、肉を詰めます。

内側に塗ることでノリの役目をして肉が外れにくくなります。

袋に入れてまんべんなくつける

ビニール袋にピーマンを入れて、片栗粉を入れて全体にまんべんなくつくように振ります。

種・ヘタをとらないで肉を詰める?

ピーマンにはヘタや種、ワタがありますがこれをとらないで肉をしっかりワタの奥まで詰めます。

 

そうすることで、ワタや種としっかりくっついてはがれにくくなります。

 

実は種・ヘタを入れても味も変わらず、食感も通常のピーマンの肉詰めと変わりません。

 

逆に種やワタは、むくみ予防、血液サラサラになる効果をもつ栄養があるので、入れたほうが健康にも良いです!

チーズを入れてはがれなくする?

焼く前に、ピーマンと肉の間か、肉自体にチーズを混ぜることではがれにくくなります。

 

焼くと肉は縮んで隙間を作りますが、チーズがその隙間を埋めてつなぎ目として役割を果たしてはがれにくくなります。

スポンサーリンク

ピーマンの切り方を変えて焼く?

通常は縦にピーマンを半分に切ったものに肉を詰めますが、切り方を変えることではがれにくくなります。

 

切り方としては、「ヘタを取っただけの丸ごと」や「輪切り」にした切り方です。

 

ただしこの時も片栗粉をまんべんなくまぶすと更にくっつきます。

肉をあらかじめ焼いておく?

肉が焼いて縮む時に隙間ができて剥がれるので、あらかじめ肉を焼いて縮んだ状態からピーマンに詰めます。

 

肉をあらかじめ焼いてから、焼いた肉をまとめるつなぎとして卵やチーズを混ぜてピーマンに詰めます。

これで肉もはがれない・くっつく!ピーマンの肉詰めではがれない・はがれにくくして美味しく!

いかがでしたでしょうか?

 

みなさんもいろんな方法を使って、肉がちゃんとくっついたピーマン肉詰めをご賞味ください!

 

個人的におすすめとしてはカロリーを気にしない、チーズいれたピーマン肉詰めです!

さらにバターを入れるとコッテリ濃厚ですが、マイルドで美味しいです!

 

それでは試してみてください!

 

せばな~