おやつに便利だよ、と熱風で作れるポップコーンメーカーをいただきました。

この食べすぎると太りそうなポップコーンですが、なんどダイエットに使えるとのことです。

 

そんな、ポップコーンでダイエットできる方法やその効果とは?

 

ということで今回は、ポップコーンダイエットの方法や効果を調査したいと思います。

スポンサーリンク

ポップコーンダイエット方法・効果は?

ポップコーンダイエットの効果

ポップコーンはとうもろこしの実で、食物繊維が多く、お腹の環境を整える働きがあります。

腸内環境を整えて、便の流れをスムーズにすることで、老廃物が排出されお腹も体もすっきりとダイエットできます。

ポップコーンダイエット
(画像引用元:http://popcorn-diet.club

 

さらにポップコーンにはポリフェノールが多く含まれており、代謝をよくする働きで、日常生活を送りながら代謝アップ、消費カロリーアップでダイエット効果が期待できます。

運動する時間がなかなか取れない人にとって、普段の活動で「代謝アップ+消費カロリーがアップ=ダイエット効果」となればうれしいですよね。

 

ご飯の前にポップコーンを食べる事で満腹感が得られますので、ご飯を減らす糖質制限ダイエットをしている方にもおススメです。

 

ポップコーンのカロリーは100gで480kcalほどですが、ポップコーンは膨らんでいるので100g食べようと思えば結構大変です。

そのため、ポップコーン50個でもだいたい20g程度、カロリーとしては96kcalなのでおやつには手ごろです。

ポップコーンダイエット方法

食事の前にポップコーン

ご飯を食べる30分程前にポップコーンを食べましょう。

ゆっくりと噛みながら食べる事で、満腹中枢が刺激されます。

食事の時のドカ食いも防げますし、食べすぎを予防することで、ダイエット効果が得られます。

間食にポップコーン

軽い食感のポップコーンですが、しっかりと噛むことで満足感が得られます。

塩味のおやつが食べたいな、と思ったらポップコーンがおススメです。

スポンサーリンク

ウーロン茶を飲む

市販のポップコーンは油を使って作られていることが多いです。

ウーロン茶は脂質を排出する働きがあるので、外出先で市販のポップコーンを食べる時は、ぜひウーロン茶と一緒に食べましょう。

ゆっくりと噛んで食べる事で、満腹感を得ながらウーロン茶で脂質を追い出しましょう。

自分でポップコーン作るとヘルシー

市販のポップコーンは食べやすいように味が濃く作られています。

さらに油もたっぷりと使われています。

 

そのため、自宅でポップコーンを作る時は、バターを使うと脂質の摂りすぎを防ぐことができます。

 

温風で作るポップコーンメーカーならバターも不要なので、よりヘルシーです。

チンするだけの簡単なポップコーンもあるので、便利ですよね。

 

ただ、ポップコーンは味付けもいろいろなフレーバーがありますが、甘い味はやっぱりカロリーが増えるので注意してください。

ポップコーンダイエット効果で痩せる!方法は自宅で作ってヘルシーに!

ポップコーンは太りそうなイメージですが、意外と効果を見るとダイエットに良いことが分かります。

 

私も食事の前にちょっと食べてみたら、ご飯を半分にしても満腹感があったのでびっくりです。

 

みなさんも、自宅でヘルシーなポップコーンを作り、ダイエットに役立ててみましょう!

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません