同じような食事内容をしていても私のように太らず、痩せている人が沢山います。

この理不尽な違いは神様の意地悪としか思えません。

 

でも、その違いの1つにプレミール習慣があると教わったのですが、プレミール習慣って一体何??

 

ということで今回は、プレミール習慣とはどんな習慣なのか学んでみたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プレミール習慣とは?効果・方法は?

プレミール習慣とは?

プレミールは英語でpre(前)meal(食事)で、日本語に訳すと食前という意味です。

毎食事の前に太りにくく痩せやすい体になることをするのが「プレミール習慣」です。

プレミール習慣 とは
(画像引用元:https://aloe.style

 

食事の吸収を抑える役割のある食材を食べたり、過食を防ぐためのストレッチをしたり、その「行動」は様々です。

 

食べ合わせ、食べ順ダイエットの進化系として、海外セレブやモデルさんの間で流行の兆しがあるそうです。

 

習慣は様々ありますが、自分に合う方法を日常的に取り入れることで、体重減はもちろんリバウンド知らずの太りにくい体質になることができるそうです。

プレミール習慣の方法

野菜ジュースを飲む

プレミール習慣として一番多く取り入れられていると言われているのが、食前に野菜ジュースを飲むというもの。

実はプレミール習慣と知らなかっただけで、実際にやっている人も多いかもしれません。

プレミール習慣 方法
(画像引用元:https://eonet.jp

 

最近では「ベジ・ファースト」や食べ順ダイエットなどでも野菜を食事の1番最初に食べるのが良いと言われます。

 

食後の血糖値が急上昇すると、体内に脂肪を溜めこもうとする作用が働きますが、野菜を最初に食べることで血糖値の急上昇を抑える効果が期待できます。

 

そうは言っても生野菜サラダだと、たくさんの量を食べる事もできないし、毎食用意するのも大変。

コンビニなどでも手軽に手に入る野菜ジュースは取り入れやすいですね。

ナッツを食べる

食前にナッツを食べる事もプレミール習慣では主流になってきています。

プレミール習慣 効果
(画像引用元:http://cache-cdn.cosme.net

 

ナッツは良く噛んで食べるため、満腹感が得られて自然に食べる量を減らすことができます。

 

食物繊維も豊富なので食事の糖分や脂肪分の吸収が穏やかになります。

 

最近は特にナッツの中でも食物繊維が豊富でカロリーが低い「タイガーナッツ」を取り入れているセレブが多く、日本でも真似をする女性が増えています。

スポンサーリンク

チョコレートを食べる

長いことダイエットにタブーとされていたチョコレートも、近年では健康食品としての認識が高まってきています。

プレミール習慣 とは
(画像引用元:https://cdn.camp-fire.jp

 

特に食事前に高カカオのチョコレートを食べることで適度な糖分と油分が食欲を抑制してくれます。

 

空腹によるストレスを軽減してくれるリラックス効果があるのも魅了的です。

入浴する

空腹時に長湯や高温のお風呂に入るのはいけませんが、適度に湯船に浸かるのは効果的です。

プレミール習慣 効果
(画像引用元:https://diet.news-postseven.com

 

入浴をすると皮膚の血行が良くなり、その分胃腸への血流が減ります。

 

空腹でお腹がグルグルと活発な状態で食事をすると思っている以上に食べてしまう事があります。

 

胃腸の動きを少し抑制しておく事で、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

夏場などは特に汗を流してスッキリした気分で食事をする事ができるのでいいですね。

軽い運動

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動はプレミール習慣として最高です。

プレミール習慣 効果
(画像引用元:http://hospital-wateringhole.com

 

軽い運動をする事でアドレナリンが分泌されます。

 

アドレナリンは食欲を抑える効果があるので、食べ過ぎを防ぐ事ができます。

 

また、筋肉が活発になり、糖分の代謝量が増えます。

 

食事で摂取した糖分も効果的に消費してくれるので、太りにくくなります。

自分に合ったプレミール習慣の方法を見つけて効果的に痩せる!

食事の前のほんの少しの行動が、太りにくく痩せやすい体質を作る手助けをしてくれるんですね。

 

今回紹介した以外にもプレミール習慣はたくさんあるようなので、ぜひ自分に合ったプレミールを見つけ出して習慣化したいと思います!

 

みなさんも、自分にあったプレミールを見つけてダイエットをしてみませんか?

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません