先日知人と「運動をしているか」という話になりました。

知人は「通勤の時にパワーウォーキングをしている」と言うのですがその時はタイミングを逃してパワーウォーキングが何なのか聞き逃してしまいました。

 

そんな、パワーウォーキングとはどんな運動で、方法や効果はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、パワーウォーキングとはどんな運動で、方法や効果を調査したいと思います。


スポンサーリンク

パワーウォーキングとは?方法・効果は?

パワーウォーキングとは

パワーウォーキングとは、ウォーキング以上ランニング未満の運動方法で、最適な有酸素運動です。

パワーウォーキングとは
(画像引用元:https://kokoronotanken.jp

 

体重を落とすための有酸素運動として効果があるのは、心臓バクバク呼吸ゼーハーの、最高心拍数60~75%程度の負荷の運動をするのが理想です。

 

この最高心拍数の60~75%の状態を保ってウォーキングを行うのがパワーウォーキングなので、有酸素運動として最適なのです。

パワーウォーキングの方法

歩き方

パワーウォーキングは通常の歩き方から少しペースを早める感覚で行います。

歩く時の姿勢はしっかり胸を張って、頭を上げ、5m先辺りに視線を置きます。

 

つま先でしっかり地面を蹴って、着地は踵からです。

肘を90度に曲げて、後ろに振る時に思い切り良く大きく振りましょう。

スポンサーリンク

最高心拍数の維持

最高心拍数の60~75%を維持するのが目標です。

 

最高心拍数は220から自分の年齢を引いた数です。

40歳の方であれば220-40=180が最高心拍数なので、180の60~75%の108~135回/1分を持続するようにします。

 

スマートウォッチなどで心拍を計りながら歩ける方は参考にすると簡単ですね。

 

もちろんスマートウォッチなどを持っていなくても大丈夫!

信号待ちなどで止まった時などに左手首で10秒だけ心拍を計ります。

6倍すればその時の心拍数がわかりますのでわざわざスマートウォッチを買う必要はありません。

 

他にも最高心拍数の60~75%は「少し息が上がるけど会話はできる状態」です。

パワーウォーキングとは
(画像引用元:https://www.kurabo-inter.co.jp

 

 

これを目安に歩けばいいので誰でも気軽に取り入れられますね。

歩く時間

できれば毎日20分以上行うと効果的ですが、雨の日や体調が悪い時などはお休みしてもOKです。

 

急に長時間パワーウォーキングをして続かなくなってしまうよりも、あまり長い時間でなくても長期間続ける方が効果を得られます。

他の運動同様に準備運動やストレッチは忘れずに。

パワーウォーキングの効果は?

パワーウォーキングを継続することで血行が良くなり、新陳代謝が活発になります。

基礎代謝量が増えて太りにくい体質になりますし、体脂肪を燃焼させることもできます。

 

ただし、有酸素運動なので1週間で5kg痩せる!などのような即効性の効果は期待できません。

しかし、習慣にして継続すれば必ず効果が現れます。

 

また、パワーウォーキングを考案したドイツのハートヴィッヒ・ガウダーさんは、ご自身が心臓移植を受けた後の運動としてパワーウォーキングを始められたそうです。

 

そのため、パワーウォーキングは老若男女問わず、歩くことができれば誰でもできるエクササイズです。

パワーウォーキング方法は老若男女問わず!効果は脂肪燃焼に太りにくい体質に!

パワーウォーキングは激しい運動ではないので制限がなく、老若男女誰でもできるダイエットです。

 

通勤やお買い物のついでにでも、毎日20分なら頑張れそうですよね。

 

みなさんも、老若男女問わずにすぐできる、パワーウォーキングをやってみませんか?

 

せばな~