韓国で行われる平昌五輪ですが、飯がぼったくりだったりとヤバいようです。

 

そんな、平昌五輪の飯はどれだけヤバいのでしょうか?

 

ということで今回は、平昌五輪の飯がどれだけヤバいか紹介したいと思います。


スポンサーリンク

平昌五輪のぼったくり飯画像!選手村で食中毒と飯テロ!

ことの発端はボランティアスタッフが平昌五輪のご飯としてSNSに投稿したことでした。

平昌五輪 飯
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

公開された食事の内容は食パン2枚、スクランブルエッグ、ベーコン3枚、オレンジジュースで、これで1万1300ウォンの(約1130円)と韓国人ですら激怒しました。

 

そして、これを皮切りに次々と、平昌五輪のぼったぐり飯が投稿されて話題となっていました。

平昌五輪 飯 画像
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

平昌五輪 飯 画像
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

そんなぼったぐり飯は、クオリティの低さで「刑務所飯」とも言われています。

韓国ぼったぐり飯を改善せず最大50%引き下げる

SNSで投稿されたぼったぐり飯の批判を受け、メニューを担当する企業、新世界(シンセゲ)フードがFacebookにて釈明文を出しました。

 

そして、内容によると「ネットで議論となったメニューを最大50%安くし、パンの量を2倍に増やし、コーヒーを無料で提供」「昼食と夕食57品目の内15品目を最大50%引き下げ」とのことです。

 

つまり、安くして量を増やすだけで、あのぼったぐり飯のクオリティは維持したままで、メニューを担当は批判された意図が分かっていないようでした。

平昌五輪 飯
(画像引用元:https://s.mxmcdn.net

結局、クオリティはそのままなので誰が食べるというのでしょうか…

スポンサーリンク

平昌五輪の選手村で飯テロ!集団食中毒!

ぼったぐり飯といわれた平昌五輪の飯ですが、開催を目前にして民間警備会社の従業員宿舎と選手村など大規模な食中毒が起きました。

 

情報によると、4日現在、24人が腹痛や嘔吐などの症状を訴えて病院に運ばれたとのことです。

 

原因は検査の結果、一部の従業員がノロウイルスに感染したとのことで、警備会社の従業員や関係者など1200人余りが滞在しており、更なる症状が出る可能性があるとしています。

 

このため、平昌五輪目前ながら、患者が発生したその施設を隔離し、その人材を現場に配置しない方針を決めました。

平昌五輪がぼったぐり飯テロ!選手村で集団食中毒とヤバい!

平昌五輪目前ながら、ぼったぐり飯を始め、集団食中毒と本当の飯テロを起こしたりと飯がヤバいことになっているようです。

 

そのため、選手は安全を顧慮し、自分たちが持ってきた飯だけを食べるほうが良いかと思います。

 

まだ始まっていないのに、事欠かない平昌五輪ですが、安全に終わることを祈ります…

 

せばな~