サラダの定番レタス!

前回はレタスの日持ち長持ちさせる方法を紹介しました。

レタスを長持ち・長期保存する方法?日持ちしてしなびた野菜にならない?

 

しかし、保存しすぎてしなしなにしてしまった時は無いでしょうか?

 

ということで今回は、レタスをしなしなにしてしまった時に、シャッキっとしたレタスに戻す方法を紹介します。


スポンサーリンク

レタスがしなびた?しなしなから復活する方法?新鮮な状態に戻すには?

しなびた レタス

そもそもレタスがしなびてしまうのは水分が失われのが原因です。

 

他にも長く保存していると酸化することで変色、またレタスは栄養を葉から採ろうとして葉がしなしなになってしまいます。

50℃のお湯に浸す。

50℃のお湯で浸け洗うと「ヒートショック」という働きで、歯の表面にある気孔が開いて水分を取り込んでくれます。

 

それだけでなく、野菜の細胞と細胞の間にはペクチンという栄養素があって、この栄養素が50℃のお湯で洗うことにより、細胞が結合して歯ごたえがよくなります。

 

またお湯で洗うほうが、雑菌も取れて保存する時に細菌が増えにくく、長持ちさせる時も有効活用できます。

 

【手順】

①レタスを半分位に切る

②50℃のお湯を用意します
※50℃のお湯を作る際は100℃のお湯に水を1:1で入れれば簡単にできます。

③50℃のお湯にレタスを2~3分浸す

砂糖と酢を入れた水につける

砂糖には水分吸収を促進する働きがあり、酢には抗菌作用と野菜の鮮度を復活させて、ビタミンC等の栄養を抜けるのを防止します。

 

【手順】

①水に砂糖と酢を大さじ1杯入れます

②しなびたレタスを10~20分ほどつけます。

スポンサーリンク

氷水につける

短時間でできるので、時間のない人におすすめです。

 

氷水につけると、野菜に含まれている塩分によって水分吸収する働きをしてくれて復活します。

 

また長時間浸けるとビタミンCが流れたりと風味を損なったりと、かえって悪くなるので短時間浸けるようにしましょう。

 

【手順】

①氷水にレタスを短時間浸ける

レタスがしなびた・しなしなでもこれで大丈夫!復活・元通りで美味しく食べる!

いかがでしたでしょうか?

 

上記の方法は併用できるので、例えばお湯に浸けたあとに氷水に浸すなどすることで、更にシャッキとしたレタスへと変貌するでしょう。

 

みなさんも一手間かかりますが、しなびたレタスも美味しくサラダにして食べましょう!

 

せばな~