日本は火山大国、地震大国です。

火山のおかげで温泉が湧いているのですが、噴火や地震などの災害は遠慮していただきたいですよね。

 

でも実際に地震は起こるし、津波の被害も甚大です。

いざ災害に合った時、まず自宅での備えが重要です。

 

食べ物飲みものを最低3日、できれば1週間保存するのが望ましいのですが、食品には期限があります。

 

期限内に食べて備蓄する、そんなローリングストックに適した食品について紹介します。


スポンサーリンク

ローリングストックとは?おすすめ食品まとめ

ローリングストックとは?

いざという時に備えて蓄えたはずなのに、どこに行ったかわからない。

奥になおしすぎて取り出しにくい。

さらには賞味期限が過ぎている~

 

なんてことでは、いざ!という時に役立ちませんよね。

 

そこで非常食何だけれども、使いながら補充する、ローリングストックという方法がおススメです。

ローリングストックとは
(画像引用元:http://www.kagome.co.jp

日持ちのする缶詰や乾燥食品を蓄えていても、食べ慣れていないと食べにくい。

なんてこともあります。

 

時々食卓にのせることで、普段から非常食に慣れておくようにしましょう。

おすすめローリングストック食品

ローリングストックに便利なおススメ非常食を紹介します。

レトルトのお粥

 

温めなくても食べられるレトルト食品は便利です。

幼児でもお年寄りでも、おかゆなら食べやすいですよね。

具入りのお粥もあるので、数種類選んでおくと気分も変っていいですよ。

缶詰のパン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

災害備蓄用パン 6缶セット(味のバリエーションを選べます)
価格:1931円(税込、送料別) (2017/4/11時点)

 

長期保存できる缶詰は便利です。

主食にもなるパンも用意しておきましょう。

食パンだけでなくいろいろな種類が販売されています。

アルファ米

 

水やお湯で戻るアルファ米は便利です。いろいろな味があるので、ローテーションで飽きなく食べることができます。

惣菜の缶詰

 

ご飯やおにぎりがあったら、副菜も欲しくなります。

 

サバやマグロ、シーチキンだけでなく、キンピラや煮物などの惣菜系の缶詰があるといいですね。

 

普段の食事を思い出させるようなメニューができると、前向きになれますよ。

味噌汁やスープ

 

温かいものがあると、人はホッとしますよね。

 

お湯が手に入るなら、味噌汁やスープはいかが?

野菜も入っているので、栄養補給にも便利です。

スポンサーリンク

果物の缶詰

 

デザートなんか必要ない、非常時なんだから、なんて言わないでください。

 

非常時だからこそ、ホッとできる果物が欲しくなるのです。

 

さらにビタミンなど非常食では補いにくい栄養も取ることができます。

子どもが好きな果物を用意してあげるといいですね。

お菓子の非常食

非常食=ご飯、と思ってしまいますが、おやつやお菓子も重要です。

ローリングストック おすすめ
(画像引用元:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

甘いものは人を落ち着かせますし、特に子どもは安心します。

 

ビスケットなどの保存のきくおやつを用意しましょう。

 

ゼリーも栄養が摂れていいですね。

長期保存できるようかんもあります。

 

年配の人もほっこりできますよ。

おすすめローリングストック食品を導入する?

食べ物をいろいろと書いてきましたが、人は1日に2リットルの水が必要です。

 

口に入れる飲料水をまず確保して、日頃から飲んだら買い足す、を実践しましょう。

 

これらの非常食を人数分用意すると結構な量になります。

 

何処に収納するのか、どのようにローリング(消費=補充)していくのかを考えましょう。

 

一か所に保存してもいざ取り出せなければ意味がありません。

数カ所に分けて保存する、家族にその場所を伝えておく、など周知しましょう。

 

我が家もローリングしていないなあ、どこに入れたかなあ~

 

先日は子どもが災害の授業を聞いてきて、我が家の備えについて聞かれました。

 

う、しなきゃね~とは思っているのですが。

準備して、料理して、備えていくのも大切ですね。

 

せばな~