日本でよく飲まれる緑茶。煎茶や玉露などいろいろな種類がありますが、お茶の木は同じで育て方や作り方が違うと言いますね。

 

では紅茶や中国茶もお茶の仲間ですが、緑茶とどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、緑茶・紅茶・中国茶の違いを紹介したいと思います。

緑茶・紅茶・中国茶の違いは?

緑茶とは

実は日本でよく飲まれている緑茶、香りが楽しめる紅茶や中国茶等は、基本的には同じ茶の木、ツバキ科ツバキ属に属する茶の木から作られるのです。

 

茶の木は同じですが、茶の木は大きく分けて、

  • 紅茶に適したアッサム種
  • 緑茶に適した中国種

の2つに分かれます。

 

そんな緑茶に使われる中国種の茶の木は、葉が小さくて丸みを帯びています。

 

茶の葉を摘み取って、葉を蒸したり炒ったりして加工することで、葉の発酵を止めたものが緑茶です。

緑茶 紅茶 中国茶 違い
(画像引用元:https://www.skincare-univ.com

茶の葉には酸化酵素が含まれるため、葉を摘んでそのままにして置くと勝手に発酵していきます。

 

緑茶は発酵させないために、日本では高温の蒸気で蒸すことで発酵を止めています。

つまり緑茶は、不発酵茶なのです。

スポンサーリンク

紅茶とは

紅茶に適したアッサム種の葉や、中国種の茶葉でも作ることのできる紅茶。

緑茶 紅茶 中国茶 違い
(画像引用元:https://eventinfo.benkyo-cafe.net

茶の葉を摘み取った後、時間をかけて葉を発酵させます。

こうすることで緑茶にはないフルーティな香りが生まれます。

 

紅茶と言えばインドが有名ですが、実は中国が起源で、ヨーロッパ人が中国からインドに気を持ち込んだことがきっかけです。

 

ヨーロッパの人が好むような香りのいいお茶にするために、しっかりと発酵させます。

 

産地によって香りが違いますし、ブレンドすることで独特の風味が楽しめます。

 

香料をプラスしたり、ジャムなどをプラスして楽しむこともありますね。

中国茶とは

緑茶を作るのに適した中国種ですが、中国茶はまた緑茶と違った味わいは発酵の違いです。

 

例えばウーロン茶は茶の葉を発酵させる過程をわざと途中で止めます。

途中で止めることで、緑茶と紅茶の間のような色になり、独特の風味がつきます。ある程度発行した段階で、釜で炒ることにより発酵を止めるのです。

 

ちょっとだけ発酵させた茶やしっかりと発酵させた茶では、また風味など異なります。

 

日本の緑茶は新芽を摘んで作りますが、ウーロン茶は大きめの葉を利用するのも違いますね。

 

中国茶と言えばプーアール茶も有名ですが、こちらも発酵させた茶です。

緑茶 紅茶 中国茶 違い
(画像引用元:http://furusato3.xsrv.jp

ウーロン茶や紅茶が茶葉の持つ酵素によって発酵させるのに対して、プーアール茶は加熱して茶葉の酵素の働きを止めた後、あえてカビ菌をつけて後から発酵させています。

緑茶・紅茶・中国茶の違いは発行の具合!

  • 緑茶:発酵していない茶
  • 紅茶:しっかりと発酵した茶
  • 中国茶:発酵を途中で止めたお茶(ウーロン茶など)。後から菌をつけて後発酵させた茶もある(プーアール茶など)。

と、発行の具合によって違いがあります。

 

緑茶や中国茶は食事の時にも飲みますが、紅茶はおやつの時間やリラックスタイムに飲むイメージがありますね。

 

もし茶の木が手に入れば、自分で加工して楽しめるかも。

 

みなさんも、興味があれは茶の木で様々なお茶を作ってみませんか?

 

せばな~