アルコールには強くないのですが、食事に行ったらちょっと飲みたくなりますよね。

いつもは甘めのフルーティーなカクテルを頼んでいるのですが、先日ちょっとおしゃれなワインを教えてもらいました。

 

それが、フルーツがたっぷりのサングリアというワインですが、どんなワインで自宅でも作れるのでしょうか?

 

ということで今回は、サングリアとはどんなワインで、アレンジしたりと自分で作れるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

サングリアとは?作り方やアレンジレシピは?

サングリアとは

サングリアとは
(画像引用元:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

サングリアとは、ワインをベースにしたカクテルの総称です。

 

スペインやポルトガルが発祥で、赤ワインにフルーツを漬け込んだもの。

サングル(Sangre)が語源で、血を意味しています。まさに赤ワインにピッタリですよね。

 

白ワインをベースにしたものは、サングリア・ブランカ(白)と呼ばれます。

 

好きな果物やジュースをプラスして、自分好みの味やフレーバーを楽しめるのがサングリアのいいところです。

 

アルコールが苦手な人でも飲みやすいですよ。

1000円位の手ごろなワインで楽しめるのも人気の一つでしょう。

アレンジレシピ

サングリアの作り方

【材料】

赤ワイン      300ml
ホワイトキュラソー 大さじ2
オレンジ      半分
レモン       半分
リンゴ       半分
炭酸水       100ml

 

【作り方】

オレンジ、レモン、リンゴはスライスしたり、一口大にカットします。

 

皮を使いたいときは、無農薬のものを選びましょう。

気になる人は、皮を剥いてもかまいません。

 

大きめの容器に炭酸水以外の材料を漬けます。

 

飲むときは、フルーツと一緒にグラスに移して炭酸水をプラスします。

甘さが欲しい時は、ガムシロップを入れましょう。

スポンサーリンク

アレンジ方法は?

サングリアとは
(画像引用元:http://blog-imgs-78.fc2.com

季節のフルーツを使えば、オリジナルのサングリアが楽しめます。

 

春のサングリアの材料

  • イチゴ
  • キウイ

 

夏のサングリアの材料

  • パイナップル
  • ライム
  • バナナ
  • マンゴー

 

秋のサングリアの材料

  • 巨峰
  • ブルーベリー
  • マスカット

 

季節の果物を使うといいですね。

炭酸水だけでなく、サイダーやオレンジジュースでもアレンジ可能。

冷凍フルーツを使ってもOKです。

 

そして冬に試したいのが、ホットサングリア。

材料は変りませんが、鍋に入れて温めます。

 

沸騰するとアルコールが飛ぶので、沸騰直前で止めて一度冷ましましょう。

冷める間に味がなじんで、飲みやすくなります。

 

飲むときには軽く温めてからグラスに注ぎます。

シナモンやジンジャーをプラスすると、より体が温まりますよ。

サングリアの基本的な作り方やアレンジレシピで大人の夜を演出!

サングリアを作ろう!と思って材料を揃えるのもいいですが、ちょっと残ったワインや余った果物を漬けておくだけでもOKです。

 

パーティーの後、中途半端に残ったワインがあれば、ぜひ漬けてみましょう。

 

我が家の主人もワインを飲みたいけれど一人では多すぎる、と言うので余ったワインをもらってサングリアを作ってみました。

 

サイダーで割ったら程よい甘さで、ちょっと大人な夜を過ごしている気分です。

 

みなさんも、どの季節にも染まるサングリアを作ってみてはいかがでしょうか?

せばな~