日本で主に朝のご飯にあるとありがたい、サケですが、他にも「シャケ」とも言ったりしますよね。

 

そんな「サケ」と「シャケ」の違いは何なのでしょうか?

また、他にも「サーモン」という言い方もありますが、これも何が違うのでしょうか?

 

ということで今回は、「サケ」「シャケ」「サーモン」のそれぞれの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

「シャケ」「サケ」「サーモン」の違いは?

サケとは?

現在はサケといえば色々種類の魚かと思われがちですが、マスの中の一緒である「シロザケ」だけが「サケ」と呼ぶようになったのです。

シャケ サケ 違い
(画像引用元:http://ryuiki.net

そのため、正しくサケと呼ばれているのは「シロザケ」で、違いがあったのです。

シャケとは?

シャケとは鮭の呼び方のひとつで、いろんな説がありますが方言でなまった説が有力です。

 

江戸時代の人たちはさ行をうまく発音できないため、「サケ」を「シャケ」と発音してしまったことから始まったとされています。

 

他にも鮭の語源であるアイヌ語「シャケンベ」で「サ」と「シャ」の発音の区別がなくて両方使った説。

関東方面の方言や日本海側では「さ」の発音を「しゃ」と喋っていたといろいろ方言の説があります。

スポンサーリンク

サーモンとは?

サーモンとはサケと同じでマスの魚になりますが、海に行って戻ってくる魚がサーモンと呼ばれているようです。

シャケ サケ サーモン
(画像引用元:http://kininal.me

欧米では河川のサケ科の多くを「トラウト」、海を渡るサケ科の多くを「サーモン」と呼んでいました。

 

そして、日本と欧米の文化交流が盛んになった際に日本在来のサケ科魚類については「サケ=サーモン」として、サーモンをサケと呼ぶようになったのです。

 

そのため、サケと呼ばれるものはサーモンと呼んでも問題ないですが、サーモンは海を渡るサケ科と多くの魚類を指します。

シャケとサケの違いは方言!サーモンは種類と回遊場所の違い!

シャケはいろんな説がありますが、とりあえずサケを方言で広まったことのようでした。

 

そして、サケはもともと「シロザケ」と一種類の魚のことであり、サーモンは海を渡るサケ科と広く呼ばれているようです。

 

みなさんも、色々シャケやらサケやらサーモンとややこしいですが、正しく覚えて恥ずかしくないようにしましょうね

 

せばな~