寒くなってくると、酒粕がスーパーに並びますね。

日本酒を作った残りの酒粕でかす汁なんてサイコ~です。

 

ただちょっと日本酒の香りがしたり、かす汁は苦手という人がいます。

 

我が家の子ども達も味噌汁は好きなのに、かす汁はちょっと、という感じ。

 

ということで今回は、冬ならではの食材、かす汁の効果や子どもでも食べやすいおやつのレシピを紹介します。


スポンサーリンク

酒粕の効果・効能は?栄養を簡単おやつでレシピで食べる?

酒粕の効果、栄養は?

日本酒を作った残り物の粕、残り物とはいえアルコール以外にもいろいろな栄養が残っています。

酒粕 効能
(画像引用元:http://test.kurand.jp

麹菌や酵母菌がビタミンB1、B2、B6等と色々作っています。

 

ビタミンB1は消化を助ける効果があります。

皮膚や粘膜を保護する働きもあるので、吹き出物などが出た時には、ぜひ取りたいですね。

 

ビタミンB2は目の疲れを癒してくれます。

 

ビタミンB6は老化を防止する効果があります。

 

他にも葉酸は健康な皮膚を作ったり、貧血の予防に赤血球を増やす働きをして役立ちます。

 

食物繊維は身体の代謝をあげたり、中性脂肪やコレステロールを減らす効果があります。

 

カスといっても侮れないですね。

 

酒粕の中にはインスリンと同じ働きをする成分があり、糖尿病の予防に役立ちます。

 

またレジストプロテインという難消化性食物繊維が含まれていて、コレステロール値を下げて動脈硬化を予防する働きもあります。

 

昔から杜氏さんには色白の人が多いと言われていました。

 

酒粕にたくさん含まれているアミノ酸の一種に美白効果があったのです。

シミやそばかすの原因となるメラニンができるのを防ぎます。

 

今では酒粕を使った化粧品も多く出ていますね。

女性にとって嬉しいのは美白効果ではないでしょうか。

酒粕を使ったおやつレシピ

酒粕と言えばかす汁や粕漬けが思い浮かびますが、おやつにして食べるのもおススメです。

酒粕焼き


(画像引用元:https://img.cpcdn.com

板状の酒粕をオーブンで焦げ目がつくまで焼きます。

 

焦げ目のないほうに砂糖をふって、二つ折りにしていただきます。

 

一番シンプルな酒粕のお菓子ではないでしょうか。

粕とはいってもアルコールが含まれているので、子どもは食べ過ぎないようにしましょうね。

スポンサーリンク

酒粕クッキー

酒粕 効能
(画像引用元:http://blogs.yahoo.co.jp

【材料】
バター 40g
酒粕  40g
砂糖  30g
薄力粉 100g

 

バターと酒粕をレンジで温めてクリーム状にします。

砂糖と塩ひとつまみを入れてしっかりと混ぜます。

ふるった小麦粉をさっくりと混ぜ、ラップで棒状にして冷蔵庫に入れます。

1時間ほどしたら、5mmくらいに輪切りにして、オーブンで焼きます。

 

好みでナッツを入れたり、胡麻やドライフルーツもいいですね。

 

この他いつものケーキに酒粕を入れてみる、チーズケーキに入れても濃厚さが加わって美味しいです。

子供にも食べやすい酒粕おやつレシピで栄養を効果的に!

子どもにとってかす汁はちょっと食べにくいかもしれません。

 

でも酒粕にはたくさんのビタミンや栄養が含まれています。

 

子どもが大好きなクッキーやケーキの中にちょっと忍ばせて、反応を見てみましょう。

 

生姜やシナモンを加えると、さっぱりとした口当たりで食べやすくなります。

 

日本酒のメーカーによって味の違いを楽しめるので、これを機会にいろいろな酒粕を試してみましょうね。

 

せばな~