お寿司屋さんで「鮭」と注文したら子供に「サーモンでしょ」と注意されてしまいました。

 

どっちも一緒でしょ?と言ってはみたものの、サーモンと鮭の違いあやふやではありませんか?

 

ということで今回は、サーモンと鮭に違いがあるのか調べてみました。


スポンサーリンク

サーモンは鮭じゃない?違い・違う理由は?

鮭とは?

現代ではサケ属に属する魚類の総称として、タイセイヨウサケ、ベニザケ、ギンザケ、キングサーモンなども含めて「鮭」と呼ばれています。

 

本来鮭はサケ属の鮭(白鮭)、学名Oncorhynchus ketaを指します。

「新巻鮭」「秋鮭」「トキシラズ」なども白鮭の仲間です。

サーモン 鮭 違い
(画像引用元:https://www.sato-suisan.co.jp

 

朝ごはんには炊きたてのご飯に鮭、納豆、おみそ汁…というイメージを持っている方も多いでしょう。

鮭は日本では昔から馴染みの深い魚です。

 

しかし江戸時代以前は「鱒(ます)」と呼ばれていました。

というのも、昔は川で釣った鱒や近海で採られた鱒の仲間が一般的でした。

ところが、領地の拡大や航海技術の発達などで採れる鱒が増えていきます。

 

この様々な鱒の中でも、川で産卵して海に下る海水魚について、一般的に広い意味で「鮭」と呼ばれるようになったそうです。

スポンサーリンク

サーモンとは?

私たちが現代一般的に「サーモン」と言われて思い浮かべる生食や燻製などで頂くのは、ほとんどがタイセイヨウサケの「サーモン」なので鮭とは微妙に違うものです。

 

サーモン(salmon)は元来ヨーロッパ北部に生息しているsalmo salar(タイセイヨウサケ)のことです。

サーモン 鮭 違い
(画像引用元:https://www.zukan-bouz.com

 

明治以降、日本に外国人が居留するようになると、このタイセイヨウサケに似ている鮭の英訳として「salmon」が使われるようになりました。

 

日本では主に「鮭」と呼ばれていますが「銀鮭」や「紅鮭」「キングサーモン」もタイセイヨウサケ属の一種です。

ちなみにこのタイセイヨウサケの一種「ニジマス(rainbow trout)」は基本的には川だけに生息する淡水魚です。

サーモン 鮭 違い
(画像引用元:https://blogimg.goo.ne.jp

 

しかし海水適応力があり、一部の個体は海に降りて成長して川に戻ってきます。

 

この生態を応用して、海で養殖したニジマスが「トラウトサーモン」という商品名でスーパーや魚屋さんに並んでいます。

 

お寿司屋さんで握られるサーモンもトラウトサーモンやキングサーモン、アトランティックサーモンなどの養殖サーモンが利用されています。

 

このように、サーモンは鮭とは違ってタイセイヨウサケの「サーモン」を主に、トラウトサーモンやキングサーモン、アトランティックサーモン等の養殖サーモンのことを指しています。

サーモンと鮭じゃない!違うもの!違いを知って注文しよう!

サーモンと鮭は国の違いだけではなく、生物学的には別なものだったんですね。

 

サーモンと鮭を単純に英語と日本語の違いとして、同じものにしてしまうのはちょっと乱暴でした。

 

これからはお寿司屋さんではちゃんと「サーモン」と注文するように気をつけなくてはいけませんね。

 

せばな~