健康志向が強くなってきた昨今、良く目にするのが「コレステロールゼロ」という文字。

油や油を使ったドレッシングなどに特に書かれている気がします。

 

確かにコレステロールというと体に悪いというイメージが高いですよね。

 

しかし本当にサラダ油等に書いているコレステロールゼロに違いがあり、健康的なのでしょうか?

 

ということで今回は、サラダ油に特化してコレステロールゼロと書いてあるものとそうでないものの違いと、健康的なのかを調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

コレステロールゼロのサラダ油の違いや危険性は?

そもそもコレステロールって?

コレステロールとは、動物の細胞壁などの生体膜を組織する分子の1つです。

サラダ油 コレステロールゼロ
(画像引用元:http://www.wakasanohimitsu.jp

健康な体内では一定量のコレステロール分子が維持されるように、肝臓でコレステロール分子が生成され続けています。

 

私たちが気にする「コレステロール」は血管内を通るコレステロール分子とリポタンパク質の複合体の事で、このリポタンパク質の性質によって「善玉」「悪玉」と分けられています。

サラダ油 コレステロールゼロ
(画像引用元:http://www.aflac.co.jp

特に悪玉コレステロールは動脈硬化を引き起こす一因とも言われているので、気にする方が多いですね。

サラダ油とコレステロール

サラダ油とは、ドレッシングに使用されることを前提とした、植物が原料の食用油です。

サラダ油 コレステロールゼロ
(画像引用元:http://products.nisshin-oillio.com

先ほど、コレステロールは「動物」が持っている分子と書きました。

 

サラダ油の原料となる植物にはコレステロールは含まれていません。

 

植物原料のサラダ油はどれもコレステロールゼロか、限りなくゼロに近いのです。

 

もちろん植物にも細胞壁があり、動物でいうコレステロールにあたる植物ステロールが存在しています。

 

しかし、植物ステロールは体内ではコレステロールの吸収を抑える働きを持っているとも言われています。

 

ではなぜわざわざコレステロールゼロと書かれているのか?

 

これは昨今の健康志向を受けて、健康的なイメージを得るためだと言われています。

スポンサーリンク

サラダ油に危険性はない?

コレステロールが含まれていないからと言ってサラダ油を食べても健康に悪い影響がゼロというわけではありません。

 

サラダ油は酸化が早く、酸化した油は体にとって毒以外の何物でもありません。

サラダ油 危険
(画像引用元:http://www.city.saitama.jp

加熱する事で酸化が加速するので、実はサラダ油を容易に揚げ物に使うのは考えものなのです。

 

また、サラダ油の原料として最も多用されているコーン・大豆・紅花などの油は油の中でも「オメガ6」と呼ばれるグループに属します。

 

オメガ6の油は少量であれば問題ありませんが、大量に摂取すると脳梗塞や心筋梗塞、癌やアレルギーを引き起こす要因になるとも言われています。

 

さらにオメガ6は加熱する事でヒドロキシノネナールという神経毒に変わり、脳を萎縮させてしまいます。

コレステロールゼロのサラダ油の違いを知って危険か学ぼう!

私たちは自分たちで食べているものの実態を本当にわかっていないんだなぁ、と思い知らされます。

 

私たちの暮らしに密接しているサラダ油。

みなさんも「コレステロールゼロ」の表記だけでなく、他の表記や原料の事などもっとしっかりと学んでいきましょう。

 

せばな~