天ぷらを揚げる時にはサラダ油を使っていますが、ごま油で揚げると風味がつくよ、と教えてもらいました。

 

いままでサラダ油しか使ったことがないのですが、サラダ油と天ぷら油って違うのでしょうか?

 

今更ですが、サラダ油と天ぷら油の違いについて調べてみました。

サラダ油と天ぷら油の違い

サラダ油とは

サラダ油とは、日本農林規格JASで定義が決められた食用油です。

サラダ油 天ぷら油
(画像引用元:https://shopping.dmkt-sp.jp

原料は菜種、大豆、トウモロコシ、ヒマワリ、ごま、綿実、紅花(サフラワー)、米ぬか、落花生などです。

 

さらにJAS認定工場で作られたものでないとサラダ油と名乗れません。

 

今流通しているサラダ油は、キャノーラ種の菜種を使ったキャノーラ油が多いです。

 

精製された油なので温度が低い場所に保管しても白く濁ったり固まったりしません。

 

サラダ油は味や匂いに癖がなくそのままサラダにかけても食べられるので、サラダ油と呼ばれています。

スポンサーリンク

天ぷら油とは

天ぷら油とは、天ぷらを揚げる時に使う油のことです。

サラダ油 天ぷら油
(画像引用元:https://temaeitamae.jp

 

天ぷら油という商品がある訳ではなく、ナタネ油や大豆油、ごま油やオリーブオイルなどがよく使われています。

 

複数の油をブレンドして風味などを調整することもあります。

サラダ油にごま油を少しプラスすると風味が加わって美味しいですよ。

 

天ぷら油として売られている白絞油(しらしめゆ)は精製度が低いので、揚げ物に使うのはOKですが生食するのには向きません。

サラダ油と天ぷら油の違いは生食可能だったりと食べ方や規格

サラダ油とはJAS規格で決められた原料を使った、精製された油のことです。

マヨネーズやドレッシングとして生でも食べる事が出来ます。

 

天ぷら油は天ぷらを揚げる時に使う油なので、サラダ油でもいいいし加熱用の白絞油でも構いません。

 

家ではサラダ油で天ぷらをすることが多いですが、ごま油をプラスすると風味がつくとは知りませんでした。

 

ごま油だけで揚げると癖が強いので、サラダ油にちょっとプラスするくらいがいいですね。

 

いろいろな油で揚げてみて、自分の口に合う天ぷら油を探してみるのも楽しそうです。

 

せばな~