大きいスーパーのお砂糖売り場に行くと、たくさんの種類のお砂糖が売っています。

 

でも「砂糖」という商品名で売っていなかったりするので、どれを買っていいのか良くわからない事があります。

 

ということで今回は、お砂糖の種類と使い分けの方法について調べてみたのでご紹介します。


スポンサーリンク

白砂糖・上白糖・グラニュー糖等の各砂糖の違いは?

砂糖の分類

一口に「砂糖」と言っても、その分類は様々です。

白砂糖 上白糖 違い
(画像引用元:http://www.meijifm.co.jp

 

まずは原料となるサトウキビを絞った汁をそのまま煮詰めた状態か、砂糖の結晶だけを取り出した状態かで別れます。

 

そのまま煮詰めた物は「含蜜糖」といい、サトウキビの絞り汁の色(黒に近い茶色)です。

白砂糖 上白糖 違い
(画像引用元:http://diet-de-yasetai.jp

製品名でいうと、黒糖や和三盆糖がこれに分類されます。

ねっとりとした濃厚な甘みが特徴的です。

 

砂糖の結晶を取り出したものは「分蜜糖」といい、アクなどが抜けるので白っぽくなります。

 

大きい結晶のままの形が双目糖。

白砂糖 グラニュー糖 違い
(画像引用元:https://kotobank.jp

ザラメ煎餅やカステラに入っているザラメ糖やグラニュー糖が双目糖の分類です。

純度が高いので甘みが淡白です。

 

結晶を更に細かくしたものを車糖といい、上白糖や三温糖が含まれます。

白砂糖 上白糖 違い
(画像引用元:http://www.daiichi-togyo.co.jp

日本で白砂糖、といえばこの上白糖を指します。

 

上白糖には精製の家庭でブドウ糖や果糖が加わります。

コクがあり、甘みが強いのが特徴です。

 

他にも液体化した液糖、

白砂糖 上白糖 違い
(画像引用元:http://www.hayashi1931.com

 

角砂糖や粉砂糖のような加工がされる加工糖なども分蜜糖の一種です。

白砂糖 グラニュー糖 違い
(画像引用元:http://zap-gym.com

各砂糖の使い分け方

上白糖はコクを出す効果もあるので、お料理に使うのにピッタリ。

グラニュー糖は他の素材の味を邪魔しないので繊細なお菓子に向いています。

白砂糖 グラニュー糖 違い
(画像引用元:http://www.cotta.jp

でも、上白糖の方がしっとりとした食感になりますので、カステラなどのしっとり感を出したいお菓子には上白糖が使われる事もあります。

 

逆に上白糖は焦げやすい性質があるのでキャラメルを作る時はグラニュー糖の方が向いています。

 

お料理に黒糖を使うと、上白糖よりもコクが出ます。

 

お料理の色が変わってしまうので、濃い色のお料理につかうのがおすすめです。

スポンサーリンク

白砂糖・上白糖・グラニュー糖の違いを知って使い分けよう!

何種類も家に買い揃えるのは大変!

 

そんな理由から今まではどんな使い道でも同じお砂糖を使っていましたが、実は使い分けが必要なんですね。

 

その性質や味わいを加味して、上手に使いこなせるようになりたいです。

 

せばな~