最近、美容通の間で「サーチュイン遺伝子」というキーワードが話題になっているそうです。

 

そんな、サーチェイン遺伝子とはどんなもので、どういった効果があるのでしょうか?

ということで今回は、サーチュイン遺伝子とはどんなもので、その効果を調査したいと思います。

スポンサーリンク

サーチュイン遺伝子とは?ダイエットの効果はある・ない?

サーチュイン遺伝子とは

サーチュイン遺伝子は別名抗老化遺伝子とも呼ばれる遺伝子の一つと言われています。

サーチュイン遺伝子が活性化していると長生きする、健康長寿、美容効果がある、ダイエット効果がある、などともてはやされTVなどでも放送されています。

サーチェイン遺伝子 とは
(画像引用元:http://japan-anti-ageing.com

サーチュイン遺伝子は1999年にマサチューセッツ工科大学の研究グループが発見しました。

 

その内容はサーチュイン遺伝子は空腹時に成長ホルモンが分泌されることで活性化するというもの。

彼らはマウスにカロリー制限と特定の栄養素投与を行いサーチュイン遺伝子を活性化させることで、見た目が若返ったり病気が治ったりしたというのです。

 

空腹状態を作り出すことでサーチュイン遺伝子を活性化させて老化を防いでダイエットもしようと、世界各国のメディアで取り上げられるようになりました。

サーチェイン遺伝子は効果がない?

実は実験で効果が得られたのはマウスや酵母、ミミズやハエなどのごく小さな生物に限られ、人間がどんなにカロリー制限をしても効果が得られないそうです。

 

しかし、サーチュイン遺伝子の活性化を促す食材は発見されいます。

例えば赤ワインに多く含まれているポリフェノールもサーチュイン遺伝子を活性化すると言われています。

 

ただ、ヒトのサーチュイン遺伝子を活性化する量のポリフェノールを摂取するためにはワインを1日にボトル100本分飲む計算になってしまうとか。

スポンサーリンク

サーチェイン遺伝子はダイエット効果がある?

効果がないと言われていましたが、サーチェイン遺伝子はダイエットに効果があると新しい見解があります。

 

近年の新しい見解として、サーチュイン遺伝子は血糖値の急上昇を防ぐ働きがあると言われています。

 

そのため、サーチュイン遺伝子を活性化させて、血糖値の上昇を防ぐことができれば血糖値や糖尿病などの治療にも役立ったり、ダイエットにも効果が得られる可能性が高いのです。

サーチュイン遺伝子とは?ダイエット効果に期待!

サーチュイン遺伝子と言われるとなんだか難しくてわかりにくいですが、まだまだ科学的にも解明しきれていない存在であれば仕方がないですね。

 

10年先、20年先にはサーチュイン遺伝子が私たち一般人にとっても常識なものになるかもしれません。

まだまだ未知数のサーチュイン遺伝子、これからに注目です。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません