ちょっとおしゃれにボルシチを作ろうとしたら、材料にサワークリームとありました。

 

さてさて?サワークリームとは何者ぞ?

写真を見ると生クリームのようですが、どう違うのでしょうか?

 

そんなサワークリームの使い方や、そもそもない時の代用品はあるのでしょうか?

 

ということで今回は、サワークリームの使い方や、ない時の代用品について調べてみました。


スポンサーリンク

サワークリームとは?使い方で一味変わる!代用品まとめ!

サワークリームとは?

脂肪分の高い生クリームに乳酸菌を加えて発酵さたものがサワークリームです。

サワークリームとは
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

さっぱりとした口当たりで、乳酸菌のさわやかな酸味があります。

 

日本ではまだなじみがありませんが、ヨーロッパでは調味料やドレッシングとして愛用されている素材です。

 

クリームチーズを使うお菓子にサワークリームをプラスすると、酸味やコクがプラスされて濃厚な味わいが出てきます。

サワークリームの代用品

生クリームとレモン汁で代用

濃厚な動物性生クリームとレモン汁を5:1の割合で混ぜ合わせてしっかりと混ぜます。

 

酸味が加わって、しっかりと混ぜるに従ってほどよい固さになってきました。

生クリームとヨーグルト

レモン汁がない時は、ヨーグルトをプラスしてみました。

 

生クリームとヨーグルトを3:1の割合でしっかりと混ぜます。

 

固まり方が弱いようなら、ボールに入れて1日待ちましょう。

程よく固まります。

ヨーグルトとレモン汁

ヨーグルトをひと晩水切りします。レモン汁を少々加えてよく混ぜ、固さを調整します。

 

生クリームを使った時よりも、脂肪分が少なくあっさりとしたサワークリームになります。

スポンサーリンク

サワークリームの使い方

サワークリームはお料理にプラスすると、味にコクや深みが出てきます。

サワークリーム 使い方
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

カレーやシチューにちょっと隠し味でプラスしましょう。ロシア料理のボルシチに白いクリームがかかっているのは有名ですよね。

 

ドレッシング代わりに温野菜にかけてもいいですし、ステーキに乗せても程よく溶けてさっぱりとした酸味が味わえます。

 

チーズケーキを作る時に、クリームチーズの1/4程の量のサワークリームをプラスしましょう。

 

いつものチーズケーキよりもさっぱりとして、ついつい食べすぎてしまう美味しさです。

サワークリームの使い方で一味変わる!代用品でも美味しく!

お料理にプラスするとコクが増すサワークリームですが、なければないで美味しいんですよ。

でもあればよりおいしさが増します。

 

サワークリームを買っても使い切れない、という方はヨーグルトや生クリームで自家製サワークリームを楽しみましょう。

 

残ってもパンにつけて食べたり、サラダのドレッシングとしても使えます。

 

なんといっても自家製なら酸味も調整できるので、我が家の子どもたちは自分好みの味でせっせと混ぜ合わせていますよ。

 

同じシチューでも、好みのサワークリームで味付けがやや変わってきますね。

 

みなさんもサワークリームを入れることで、普段とは一味違った料理に仕上げましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《中沢乳業》サワークリーム【1000ml】
価格:2199円(税込、送料別) (2017/8/31時点)

 

せばな~