家庭菜園に植えたのはいいけれども、「採りきれなくて大きくなったさやえんどう」「うっかり見過ごして育ちすぎたさやえんどう」など食べ頃を過ぎたさやえんどうはどうしたらいいでしょうか?

 

捨ててしまうのももったいないし…

 

ということで今回は、そんな育ちすぎた・大きすぎたさやえんどうの食べ方をちょっと調べてみました。


スポンサーリンク

大きなったらどうする?育ちすぎたさやえんどうの食べ方・レシピは?大きくなりすぎた時も美味しく食べれる?

豆ごはんに使う

中の実が大きくなっているのなら、取り出して豆ごはんに使いましょう。

 

さやえんどうと思わずに、エンドウ豆の扱いですね。

さやえんどうとしては大きくても、エンドウ豆と比べると実は小さいです。

 

エンドウ豆と一緒に混ぜて炊くと美味しい豆ごはんになりますね。

千切りにして使う

実がさほど大きくなく、皮も硬くなければ斜め千切りにしましょう。

 

小さくなることで歯触りもさほど気にならなくなります。

 

ちらし寿司の彩りや、ハンバーグなどに混ぜて使ってもいいですね。

味噌汁の具にするのもいいですよ。

そのほかの食べ方

ポタージュスープにする

豆を取り出して、フードプロセッサーでポタージュスープを作るのもいいですね。

砕いてしまうので、多少かたくても問題なしです。

茹でたり、炒めたりして食べる

筋を取ってちょっと長めに茹でてみましょう。

食べられそうなら、マヨネーズでサラダにします。

 

海老やイカと炒めるのもいいですね。

いずれにしろ、通常のさやえんどうよりは時間を長く調理して、柔らかさを確認してください。

 

大きくても新鮮なうちは食べやすいと思います。

早めに調理しましょう。

スポンサーリンク

来年の種にする

いただいたさやえんどうは早く食べなくてはいけませんが、まだ枝に実っている状態ならそのまま茶色くなるまで放置しましょう。

 

中の種が硬くなって、来年植える種として保存できます。

遺伝の問題か、処理の問題か、芽が出にくいかもしれませんが、試しに植えてみるのも面白いですね。

大きくなったも採りたては食べられる?大きく育った・育ちすぎた食べた方は色々ある!

収穫してすぐなら、大きいさやえんどうでもまだまだ食べられます。

 

実の大きさを見て、豆ごはんに出来そうなら、すべて取り出して冷凍しましょう。

日がたつと固くなってさらに食べにくくなります。

 

サヤが大きい場合も、千切りにして冷凍しましょう。

そのまま味噌汁に入れたり、ミンチ肉に入れて一緒に食べられます。

 

私は去年うっかりしていて、ほとんどが大きくなって反り返っていました。

さやえんどうの豆ごはんも美味しかったですよ。

 

せばな~