白湯ダイエットって聞いたことありますか?

白湯(さゆ)って、お水を沸かしただけのお湯ですよね。

 

それを飲むことで、ダイエットになるの??

飲むだけで痩せられるなんて魅力的!

 

でも本当に痩せてダイエットできるのでしょうか?

 

ということで今回は、白湯ダイエットについて効果や方法について紹介します。


スポンサーリンク

白湯ダイエット効果で痩せるには?飲む量やタイミングといった方法は?

白湯の効果

白湯に限らず、温かいものを飲むと体がホッと温まりますよね。


(画像引用元:http://prestige.smt.docomo.ne.jp

体が冷えていると代謝が悪くなり、体脂肪も燃焼できません。

 

だから白湯のような温かいものを飲むと、内臓と体の内側から温まって血行が良くなります。

 

血行が良くなるだけでなく、身体が1℃温まると、代謝が10~12%もアップするんです!

 

更に白湯は余計なカロリーがないので、純粋に体を温めてくれます。

 

また新たに水分を摂ることで、体内の古い水分が尿として排出されます。

 

その時に体の不要物も一緒に排出され、水分が循環することによって、むくみを防ぐことができますね。

 

それだけでなく、白湯の温かさで内臓の動きが良くなると、便秘の解消や新陳代謝が促されます。

白湯の作り方


(画像引用元:https://pixabay.com

 

やかんなどで水を沸かすのですが、沸騰してすぐに止めるのではなく、沸騰後蓋をずらして10分程わかせ続けます。

 

蒸発するので、飲みたい量よりも多めに水を入れましょう。

 

その後コップに入れるのですが、熱すぎるからといって水を入れないで、50℃位になるまでそのまま待ちましょう。

 

そして10分くらいかけてゆっくりと飲みます。

一度に飲む量はコップ1杯、200mlくらいが目安です。

時間のない時は、電子レンジで温めるのもありですね。

白湯を飲むタイミング

では白湯はいつ飲んだらいいのでしょうか?

 

喉が乾いたり、冷えた時に飲むとよさそうですよね。

 

でもダイエットとして効果的に飲みたい場合は、タイミングも大切です。

起床時に1杯飲む

睡眠中にはコップ1杯の水分が失われると言います。

 

起きてすぐに水道の冷たい水を飲むと、腸に負担がかかります。

 

温めた白湯をゆっくりと飲むことで、内臓も温まり代謝が良くなります。

 

ダイエット効果を得たいなら、白湯を飲んでから30分後に朝食を食べるとさらに効果ありです。

食事中に1杯飲む

1日800mlの白湯を飲むのが目安です。

 

一気には飲めないので、食事ときにコップ1杯ずつ飲むようにするといいですね。

 

食事の前に腸を温めて、内臓の代謝をあげる効果もあります。

スポンサーリンク

寝る前に1杯飲む

寝る前にゆっくりと白湯を飲みましょう。

体温が上がり眠りやすくなります。

 

たくさん飲むと夜中にトイレに行きたくなる場合は、ちょっと量を調整しましょうね。

飲むタイミングと量を知り白湯ダイエット効果で痩る!

道具も必要なく、いつでも始められる白湯ダイエット。

 

急激に体重が減るわけではありませんが、代謝が良くなって老廃物がなくなることで徐々に痩せていきます。

 

また白湯を飲むようになって、冷え性が改善された、薄い味付けの料理を食べるようになった、など変化を感じている人も多くいます。

 

私はお湯を沸かしてすぐに飲んでいたのですが、10分も沸騰させないといけなかったのですね。

 

タイマー付きのIHなので、セットしておけば他の用事もできます。

お茶のかわりに早速白湯ダイエットに挑戦です。

 

せばな~