近年ダイエットブーム、健康ブーム、ランニングや筋活などエクササイズをする方が非常に多くなりました。

 

それなのに脂肪肝が以前と比べて増えていると聞いたのですが本当でしょうか?

なんでもダイエットが原因で脂肪肝になるという研究結果も出ているそうです。

 

そんな、ダイエットで脂肪肝になってしまう理由・原因は?

 

ということで今回は、ダイエットで脂肪肝になる理由と、その対策を調査したいと思います。


スポンサーリンク

ダイエットで脂肪肝になる理由?原因・対策は?

脂肪肝とは?

脂肪肝とは、備蓄された脂肪が余り過ぎた、過剰在庫状態の肝臓のことです。

ダイエット 脂肪肝 理由
(画像引用元:https://gooday.nikkei.co.jp

肝臓は体内のエネルギーを脂肪という形で備蓄しています。

 

たくさん運動をしてエネルギーが必要な時は肝臓から脂肪が放出されてエネルギーとして使われます。

 

逆に安静時などに血液中にエネルギーが余った状態の時に備蓄倉庫の役割をしてくれているのが肝臓です。

脂肪肝はこの備蓄された脂肪が余り過ぎた、過剰在庫状態の肝臓のことです。

ダイエットで脂肪肝になる原因

ダイエットによる脂肪肝は、飢餓状態を作る無理な食事制限ダイエットをすることによって、肝臓に脂肪を溜め込む悪循環が原因です。

ダイエット 脂肪肝 理由
(画像引用元:https://www.queensway-group.jp

 

極端な食事制限を行うと体は飢餓状態と感じ、筋肉や脂肪細胞からエネルギーを放出して肝臓により多く脂肪を貯め込もうとします。

 

そこで更にダイエットが終わって普通に食事をとるようになると、食事で得たエネルギーも肝臓に蓄えられやすくなっているため肝臓はどんどん脂肪が溜まっていきます。

 

その結果、ダイエット中途その後の肝臓に脂肪を溜め込みすぎて、脂肪肝になってしまうのです。

スポンサーリンク

脂肪肝にならないダイエット方法

体が飢餓状態にならないダイエット法であれば、体が肝臓に脂肪を溜め込まなくても問題がないと認識するので脂肪肝にもならずにすみます。

 

いっきに何kgも体重を落とそうとせず、半年から1年くらいの長い期間をかけて体重の7~10%を落とすのが理想だと言われています。

体重が60kgの人なら4~6kgを半年~1年かけて落とします。

 

食事は暴飲暴食を避けて腹八分目にして、良く噛んで食べることを心がけます。

 

ウォーキングなどの有酸素運動や軽いエクササイズを日常に取り入れて、毎日少しずつ運動をします。

 

そして、1日に最低でも6時間の睡眠を確保することで成長ホルモンが活発に分泌されて痩せやすい体質になることができます。

ダイエットで脂肪肝になる理由・原因は無理な食事制限で対策!

肝臓は痛みなどを感じない臓器ですので、気がついた時には手遅れということも多々あります。

 

そんなことにならないためにも日頃から肝臓をいたわってあげることが大切ですね。

 

みなさんも、美味しいお酒やお食事をいつまでも美味しく楽しむためにも、ダイエットで肝臓を悪くしないよう気を付けましょう。


【糖尿病予防・ダイエット・血糖値や肝機能の予防・改善】

糖質好きのパートナー【八糖仙 お試しパック】


せばな~