近年SNSなどで「四股踏みダイエット」が話題になっているそうです。

四股踏みと言えば力士がするもの、一般人向けではないのではないかと思ってしまいますがどうでしょう?

 

そんな、四股踏みダイエットの方法やその効果とは?

 

ということで今回は、四股踏みダイエットの方法や、効果を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

四股踏みダイエット方法とは?貴乃花も成功で効果は?

四股踏みダイエットとは?

四股踏みダイエットは力士が行う四股踏みの動作を取り入れたエクササイズを行うダイエット方法です。

 

相撲ファンの女性を「スージョ」と言うそうですが、このスージョ達の間で話題になっているのが四股踏みをエクササイズに応用した「シコアサイズ」です。

四股踏みダイエット 方法
(画像引用元:https://www.kotubankyosei-iyashiya.com

 

シコアサイズは平成の名横綱、貴乃花親方が現役引退後にダイエットをした際に考案されたエクササイズです。

「四股」のシコ、「体幹」のコア、エクササイズの3つの言葉を掛け合わせた造語です。

 

貴乃花親方は現役時代には体重が160kgでしたが、特別な食事制限はせずシコアサイズをして80kgまで体重を落とされました。

四股踏みダイエットの効果は?

四股踏みダイエットはストレッチ効果と筋力トレーニングで理想のエクササイズであり、筋肉を鍛えて代謝を良くし、痩せやすい体質になります。

 

力士にとって股関節はとても重要です。

股関節は可動域が広く、付随する筋肉も多種多様です。

股関節のバランスやストレッチ性がなくなると骨盤の歪みにもつながります。

 

そのため、四股を踏む動作は股関節のストレッチ性を高めます。

 

また、下半身には全身の70%もの筋肉が存在しています。

この筋肉を効果的に鍛えておくことで代謝が良くなり、痩せやすい体質になることができます。

 

シコアサイズをすることで下半身の筋力・バランス感覚をアップさせる効果があります。

 

そのため、ストレッチ効果と筋力トレーニング、一度にどちらも叶えられる理想のエクササイズなのです。

 

そして、シコアサイズは力士のように股割りの稽古をしていない一般人でも実践することができます。

スージョの皆さんにも、SNSで取り上げている方たちにも太ももやお尻周りがスッキリしたという人が続出するのも納得です。

スポンサーリンク

四股踏みダイエットの方法は?

四股踏みダイエットでは1日10回四股を踏む動作のシコアサイズを行います。

四股踏みダイエット 方法
(画像引用元:https://dietplus.jp

 

【シコアサイズの方法】

  1. 両足を肩幅より広めに開き、つま先を外側に向け、膝を曲げる
  2. 片足に重心を移動して反対の足を上げてゆっくり下ろします

 

ゆっくりと動作を行うことでかなりの負荷を感じられると思います。

 

慣れるまでは回数を減らしたり、日頃から運動をしている方なら回数を増やしたりしても良いでしょう。

 

ジムやクラブまで足を運ぶ必要もなく、特別な道具も不要なのでちょっとした隙間時間にできるのが良いですね。

四股踏みダイエットの注意点

シコアサイズの動きは単純ですが、いくつか注意しないと膝や股関節を痛めてしまうことがあります。

 

シコアサイズは膝の向きが重要で、膝は必ずつま先と同じ方向に向けておかなくてはいけません。

内側に傾いてしまったまま膝を曲げたり、重心をかけたりすることで膝や股関節に負担がかかってしまいます。

四股踏みダイエット 効果
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

また、シコアサイズを行う時には太もも裏の「ハムストリング」という筋肉の柔軟性が重要になります。

 

ハムストリングが凝り固まっているとシコアサイズをうまく行うことができません。

 

シコアサイズを行う前に太もも裏を伸ばすストレッチを取り入れてもいいでしょう。

 

シコアサイズは片足立ちができない方には不向きなエクササイズです。

始めは無理をせず、軽く片足を上げる練習からゆっくり始めましょう。

四股踏みダイエット方法で貴乃花のように痩せる効果を得る!

80kgもの減量を実現することができるのは貴乃花親方の精神力や努力の賜物だとは思いますが、シコアサイズは私たち一般人でもできるような手軽なエクササイズです。

 

でも、動画に合わせて片足1回ずつやってみましたが、腿の内側・裏側がピリピリします!!

これはきくに違いないので残り9回じっくりやってみたいと思います!!

 

みなさんも、四股踏みダイエットを試して筋力をつけて痩せやすい体づくりをしてみませんか?

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません