普段スーパーで米を買うことがほとんどですが、たまにご近所さんから新米をおすそ分けいただくことがあります。

 

今年は新米と一緒に食べきれなかった古米もいただいたのですが、見分け方や違いが分かりません。

 

そんな新米と古米の見分け方・違いや、使い分け方は?

 

ということで今回は、新米と古米の見分け方・違いについて調べてみました。


スポンサーリンク

新米と古米の見分け方・違いは?料理の使い分け方は?

新米と古米の見分け方

手で触れる

米を直接手で触って、手に白い粉が付くのが古米です。

 

米は劣化すると白い粉が付くようになります。

新米には白い粉はまだありません。

米粒を噛んでみる

新米は水分量が多いので柔らかく、割れにくいです。

 

古米は水分量が少なく固いので、割れやすいです。

噛んで割れるようなら、古米です。

新米と古米の違いと使い分け方は?

新米とは

米穀年度によると、11月1日から翌年の10月31日までに収穫されたものが新米です。

新米 古米 見分け方
(画像引用元:http://irodoriseikatu.com

 

法によると、収穫した年の12月31日までに精米、包装されたものは、新米と表示できます。

 

最近は夏の終わりころに収穫できる「早場米」もあって、新米の季節も早くなりました。

 

新米は収穫したてなので水分量が多く、ふっくらと美味しいです。

ご飯を炊くときは、いつもよりやや少なめの水分量がおススメです。

 

しかし保存する中で、徐々に水分量が減り、酸化していきます。

保存技術が進んだ現在ですが、新米は早めに食べる方が美味しく食べられます。

スポンサーリンク

古米とは

収穫して1年たった米は古米で、収穫して2年たった米は古古米です。

何年前に収穫したかによって、呼び名が変わります。

新米 古米 見分け方
(画像引用元:https://cdn.macaro-ni.jp

 

古米は水分量が少ないので、チャーハンやパエリアなどの料理に向いています。

 

また水分をよく吸い込むので、炊き込みご飯や酢飯にしたら味がしっかりと染みて美味しくなります。

新米も古米も見分けて違い知れば美味しく使い分けれる!

新米と表示できるのは、収穫したその年の12月31日までです。

翌年の米が収穫できるまでは新米ですが、徐々に酸化していきます。

 

スーパーで買う時は、精米日時が書かれているので分かりやすいですが、もらった米の場合は、白い粉が付けば古米、噛んで割れなければ新米、と言うくらいしか見分け方がありません。

せっかくのお米ですから、どちらも美味しく食べたいですね。

 

せばな~