料理教室でシナモンシュガーをいただきました。ドーナツに振りかけるだけでシナモンドーナツの完成、と言うお手軽なもの。

 

さっそく我が家にやってきた母に作ってあげたのですが、「ニッキが美味しいね」と言われました。

ニッキじゃなくて、シナモンなんだけど?

もしかしてシナモンとニッキは同じものなの?

 

そんな、ニッキとシナモンの違いは?

 

ということで今回は、ニッキとシナモンの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

シナモンとニッキの違いは?同じじゃない?それぞれの効能・特徴は?

似ていますが、シナモンとニッキは別物で、日本で取れるのがニッキ、セイロン島で取れるのがシナモンです。

シナモン ニッキ 違い
(画像引用元:https://yahuhichi.com

 

シナモンは、スリランカのセイロン島で取れるクスノキ科セイロン肉桂(セイロンニッケイ)の幹の皮を乾燥させています。

 

ニッキは、国産のクスノキ科シナニッケイの根の皮を乾燥させています。

シナモンの特徴

シナモンは紀元前4000年前から使われていた、歴史のあるスパイスです。

ミイラの防腐剤に使われていたようです。

 

スパイシーな味わいがありますが、ほのかに甘い香りもします。

甘い香りの正体はオイゲロール。

 

シナモンとニッキ、どっちかわからなくなったら、甘い香りがするか嗅いでください。

甘い香りがしたら、それはシナモンです。

コーヒーに入れたり、スイーツに入れたりと、いろいろと楽しめます。

スポンサーリンク

ニッキの特徴

ニッキは国内で取れるスパイスです。

その歴史は古く、奈良時代には使われていたようです。

もともとは沖縄などで自生していた植物ですが、今では鹿児島県や和歌山県でも栽培されています。

 

シナニッケイの皮をはがすとコルク層があり、ここを乾燥させることでニッキができます。

京都の銘菓、八つ橋が有名ですね。

シナモン ニッキ 違い
(画像引用元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

 

肉桂(ニクケイ)→ニッケ→ニッキと呼び方が変わってきました。

ニッキとシナモンの効果

スパイスであるシナモン、ニッキには素晴らしい健康効果があります。

  • 毛細血管の老化防止
  • 血行不良改善
  • 冷えやむくみの解消
  • しわやたるみの予防
  • 中性脂肪やコレステロールを下げる
  • 殺菌効果や解熱効果

などなど、血管の老化を防いだり、血行不良を改善したり、と嬉しい効果がいろいろあります。

 

シナモンやニッキだけを食べるのは難しいですが、ドリンクやスイーツにちょっと振りかけるだけでもいいですね。

同じじゃないシナモンとニッキの違いあり!効能を味わう!

血行促進など体にいいシナモンとニッキ。

スーパーで売っているのはシナモンですが、シナモンで八つ橋を作ってみたらどんな味になるのでしょうか?

 

スイーツを食べながら血行が良くなるって、素晴らしいですね!

 

みなさんも、シナモンとニッキの栄養効果を得てみませんか?

 

せばな~