ダイエットをするなら有酸素運動をするのが一番。

それは分かっているのですが、有酸素運動って具体的にどんな風にやっていいのかわからなくないですか?

 

効率的な有酸素運動の目安となるのは「心拍数」なので、これを元にした心拍数ダイエットなら具体的でわかりやすいそうです。

 

ということで今回は、具体的な数字でダイエットの目安がわかりやすい心拍数ダイエットについて調べてみたのでご紹介します。


スポンサーリンク

心拍数ダイエットの方法とは?効果や目安は?

心拍数ダイエットとは

心拍数ダイエットでは有酸素運動を行い体重を減らしますが、具体的にどれくらいの負荷をかけたらいいのかを心拍数を目安にするダイエット方法です。

心拍数 ダイエット方法
(画像引用元:https://www.tyojyu.or.jp

 

有酸素運動と一口に言ってものんびり歩いているだけでは脂肪燃焼効果はあまり期待できません。

かと言って、何十キロも走ったり泳いだりしても疲れるだけで、逆にどか食いしてしまうとか続かないと言った問題が発生します。

 

そこで、ダイエットに最適な有酸素運動の運動量の目安として「心拍数」を使うのが心拍数ダイエットです。

 

目安となる心拍数を保つペースで運動を行うとより効果的に脂肪を燃焼することができます。

スポンサーリンク

心拍数ダイエットの方法・目安

心拍数ダイエットで目安とするのは1分間の心拍数です。

目標とする心拍数は年齢によって決まっていて、(220-年齢)×0.6で算出することができます。

 

例えば30歳の方なら(220-30)×0.6=108なので1分間に心拍数が108になる状態をキープするのが良いということになります。

 

具体的な運動方法に決まりはありませんので、ウォーキングでもランニングでも、水泳でも有酸素運動ならなんでもOKです。

 

目標の心拍数を保った状態を20分以上継続することで脂肪が効率的に燃焼されていきます。

 

運動しながら心拍数を計測するのが難しい場合は、「息が軽くあがって話はできる状態」を目安にすると良いそうです。

心拍数ダイエット方法でわかりやすく痩せる!

今まで有酸素運動をする時は苦しくなるのが当然と思っていましたが、実際に計算で算出した心拍数を目安にするとそこまで苦しくないことがわかります。

 

苦しいだけのダイエットでは長続きしませんが、わかりやすくて苦しくなければ続けるモチベーションもアップしますね。

これからは心拍数を計りながら運動を続けていきたいと思います。

 

みなさんも、数字で分かりやすい心拍数を測ってダイエットしませんか?

 

せばな~