ゴマしゃぶにゴマを振りかけている時、「黒いごまがあるよね?」という話になりました。

確かに白ごまと黒ごまがありますよね。

 

普段使うのは白ごまですが、黒ごまの皮をむいたら白ごまになるのでしょうか?

そんな、白ごまと黒ごまの違いは?

 

ということで今回は、黒ごまと白ごまの違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

黒ごまと白ごまの違いは?栄養効果の差は?

黒ごまと白ごまの違い

黒ごまも白ごまもゴマ科ゴマ属の植物で品種は同じで、見た目によって黒ごま、白ごまに分類されます。

黒ごま 白ごま 違い
(画像引用元:http://line.blogimg.jp

 

以下がその黒ごまと白ごまの特徴となっています。

  • 黒ごま 独特な味わいが特徴。ゴマの風味が強い。
  • 白ごま 他の食材とバランスがとれるまろやかな味わいが特徴。ゴマ油の原料。

 

黒ごまが黒いのは皮の中にアントシアニン(ポリフェノールの一種)が含まれているからです。

白ごまには含まれていない成分なので、これは大きな違いです。

黒ごま白ごまの栄養素の違い

黒ごまと白ごまは同じゴマ科ゴマ属の植物ですが、色による栄養素の違い以下のようにあります。

【黒ごまの栄養素】

白ごまと比べると

  • アントシアニン
  • カルシウム

が多く含まれています。

アントシアニンは目の機能の回復に効果が期待できます。

 

逆に白ごまに比べて

  • 脂質
  • セサミン

が少なくなっています。

 

【白ごまの栄養素】

黒ごまと比べると

  • リノール酸やオレイン酸などの脂質
  • セサミン

が多く含まれて、動脈硬化やコレステロール値を下げる働きが期待できます。

 

逆にカルシウムが少なく、アントシアニンに至っては含まれていません。

黒ごまとは

黒ごまは、見た目の通り皮が黒く、白ごまに比べてやや皮が厚くなっています。

黒ごま 白ごま 違い
(画像引用元:https://taberugo.net

 

黒色の正体は、カテコール型タンニンです。

香りとコクが強く、ごまの風味を味わいたい方には黒ごまがおススメです。

 

ポリフェノールの一種、アントシアニンが含まれているので、疲れ目に悩んでいる方には黒ごまがおススメです。

スポンサーリンク

白ごまとは

ごま和えやドレッシングにもよく使われる白ごまは、他の食材と一緒に使っても相性がいいです。

黒ごま 白ごま 違い
(画像引用元:https://www2.katagi.co.jp

世界中で栽培されていて、セサミンに代表される栄養素がたっぷりと詰まっています。

黒ごま白ごまの違いは見た目!どちらも栄養効果あり!

黒ごまも白ごまも栄養が豊富です。

 

眼が疲れてアントシアニンを取りたい場合は、黒ごま。

動脈硬化やコレステロール値を下げたい場合は、白ごまがおススメです。

 

普段の料理に使いやすいのは、まろやかな味わいの白ごまですが、セロリや春菊のように香りの強い野菜を和える時は黒ごまのほうが風味があって美味しいですね。

 

ゴマ塩も黒ごまですし、たまには黒ごまを買ってごまの風味を楽しみながら食事するのもよさそうですね。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません