食欲がなくても食べられるそうめんは夏には欠かせない食材です。

しかし、「そうめんを食べすぎると太るよ~」と怖い話を聞きました。

 

そんな、そうめんを食べると太ってしまうのでしょうか?

また、そうめんで太らない食べ方は?

 

ということで今回は、そうめんが太る理由や、太らない食べ方を調査したいと思います。


スポンサーリンク

そうめん食べ過ぎると太る理由?太らない食べ方は?

そうめん食べ過ぎると太る理由

そうめんを食べると太るわけではなく、ついついそうめんだけを食べ過ぎてカロリーオーバーして栄養が偏って太ります。

 

小麦から作られるそうめん、茹でると1束(50g)64kcalで、2束(100g)食べるとしたら、128kcal。

ご飯100gで168kcalなので、特にそうめんのカロリーが多いというわけではありません。

 

しかし、食べてみるとそうめんはのど越しがいいからか、ツルツルっと麺だけで沢山食べてしまいます。

 

そのため、カロリーは2束だけではご飯に及びませんが、食べ過ぎれば以下のようにカロリーオーバーします。

  • 2束(100g)で128kcal ご飯 100g 168kcal
  • 4束(200g)で256kcal
  • 6束(300g)で384kcal

 

さらにご飯の場合はご飯と一緒におかずも食べて栄養のバランスがとりやすいのですが、そうめんは炭水化物であるそうめんだけを食べる事で栄養に偏りがでて太りやすくなります。

そうめんの太らない食べ方

温かいものを食べる

温かいものを食べて、内臓を温めるようにすると太りにくくなります。

 

そうめんは冷たくして食べる事が多いですが、冷たいものを食べすぎると体が冷えてしまいます。

内蔵も冷えると代謝が下がったり働きが悪くなったりするので、太りやすくなります。

薬味を添える

体を温める薬味を添えると、代謝が下がるのを防ぐことができます。

 

  • ショウガ
  • ゴマ
  • ネギ
  • 大葉(青じそ)

などを一緒に食べるようにしましょう。

副菜を添える

そうめんにも冷麺のような具、もしくはサラダなどを副菜として付けることで食事のバランスがとれて太りにくくなります。

そうめん食べ過ぎると太る!太らない食べ方で工夫しよう!

茹でるだけで手軽に食べられるそうめんですが、1人前のそうめんを食べてもどうしても物足りません。

2人前もペロッと食べてしまいますが、それでは太りやすくなります。

 

そうめんと一緒に野菜やたんぱく質を食べると、腹持ちもいいし栄養バランスもよく太りにくい体になります。

 

冷たいそうめんも美味しいですが、温かい出汁で食べるにゅうめんも体が温まるので太るのを予防できると思いますよ。


【そうめんおすすめ】

小豆島素麺・オリーブラーメン・食べるオリーブ油【庄八】
【庄八】


せばな~