初夏の味覚、そら豆。

ビールのおつまみに最高ですよね。

 

美味しいそら豆ですが、実を包んでいる薄皮を剥くのが結構面倒です。

このまま食べちゃってもいいのかしら。

 

そこで今回は、

そら豆の皮は食べらるのか

そら豆を皮ごと丸ごと食べる方法は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

そら豆を丸ごと?皮ごと食べる方法は?食べ方まとめ!

そもそもそら豆の皮は食べられる?

そら豆 皮ごと

結論から言うと、食べられます!

茹でてそのまま食べてみましょう。

 

皮は実に比べて歯応えがあります。

それがいいと言う人もいれば、その歯応えがイヤという人もいます。

 

その場合は、旬の採れたてのそら豆なら皮も柔らかいです。

採れてたのそら豆で試してみてください。

そら豆の皮の栄養は?

皮にはコレステロールを減らしてくれる食物繊維がたっぷり含まれています。

さやにも食物繊維がたっぷり含まれています。

 

便秘がちな人は、皮ごと、さやごと食べてみるのもいいですね。

 

その他にも、利尿作用やむくみの治療にも効果があると言われています。

茹で方のポイント

そら豆は茹でるとすぐにシワシワになってしまいますね。

これを解決するには、さやごと茹でましょう。

 

お湯がわいたら塩を少し入れて、2分程茹でます。

そのまま蓋をして5分待ちましょう。

 

豆だけを茹でるのとは味が全く違うので、ぜひ試してみてください。

揚げてみましょう

おつまみで売っている、フライビーンズを作ってみましょう。

 

そら豆を取り出したら、実に縦に切り込みを入れます。

これを忘れると油の中ではねて危険です。

 

170℃で7分ほど揚げます。カラッと仕上がったら、塩をかけて完成。

 

皮もパリッと揚がっているので、そのまま食べられます。

スポンサーリンク

さやごと焼きましょう

グリルやフライパンで焼く方法もあります。

 

さやごと焼くことで蒸し焼き状態になります。

しっとりとした、凝縮した甘さを楽しめます。

 

バーベキューしながら網の端で焼くのもおすすめです。

そら豆を皮ごと食べて旬を味わおう!丸ごとでも食べ方・方法によって美味!

いかがでしたか?

 

今まで無条件で皮を棄てていた人は是非一度試してみてください。

 

どうしても合わないなら仕方ありませんが、栄養もあることですし、ぜひ食べてみてください。

 

美味しいのは3日だけ、と言われるくらい鮮度が命のそら豆。

乾燥に弱いのでさや入りのものを買って、使う直前に出しましょう。

 

スーパーに並ぶまでに数日たっているので、できれば購入した日に食べたいですね。

 

プランターでも育てられるので、子どもと一緒に育ててみてはいかかでしょうか。

 

せばな~