スーパーに行くとずらっと並んだソースたち。

関西の人には見慣れた風景ですが、関東の人が見ると、違いが分からないほど沢山並んでいます。

 

そんな関東と関西でソースが違うとのことですが、どんな違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、関東と関西のソースの違いについて調べてみました。


スポンサーリンク

関東と関西のソースの違いは?

関東のソース

関東でよく使われているソースと言えば、ブルドッグの中濃ソースではないでしょうか。

これ一本でコロッケやとんかつ、お好みやきに焼きそばとすべてカバーすることができます。

ソース 関西と関東
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

ブルドッグのウスターソース、中濃ソース、とんかつソースもありますが、中濃ソースを常備している家庭も多いですね。

 

さらっとしたウスターソースとドロッとしたとんかつソースの真ん中にある中濃ソースを常備していたらとりあえず何でも使える、と言う方が関東には多いようです。

スポンサーリンク

関西のソース

関西でよく使われているソースと言えば、イカリソースではないでしょうか。

日本ではじめてウスターソースを作ったメーカーです。

ソース 関西 関東 違い
(画像引用元:https://prtimes.jp

ブルドッグと同じようにウスターソースや中濃ソース、とんかつソースもあります。

 

しかし関西では冷蔵庫にソースが1本だけということはまずありません。

 

さらっとしたウスターソース、どろりと濃厚なとんかつソース、お好み焼きにはお好みソース、焼きそばには焼きそばソース、そしてたこ焼きにはたこ焼きソース。

そんなに区別する必要があるのか、と言うくらい食べ物ごとにソースがあります。

ソース 関西と関東
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

とんかつソースより濃いドロソースに至っては、あまりの濃厚さに好みが分かれます。

 

メーカーもオタフクソースやカゴメスソースなどいろいろとあります。

 

さらに大阪ではヘルメスソース、兵庫ではばらソース、広島ではトリイソースなどご当地ソースもあります。

 

さすが粉もの文化圏、と言えるほど、関西ではご当地ソースが作られているのです。

関東と関西のソースの違いは色々!

関西の冷蔵庫を見ると、ずらっと並んだソースにびっくりしますが、関東の冷蔵庫を見ると、1本か2本だけ並んでいる少なさにびっくりします。

 

みなさんも、たまには違うソースを使ってみて、自分の好みのソースを探してみるのも楽しいですよ。

 

せばな~