健康第一なのはわかっていますが…気づかない内に病魔は忍び寄ってくるもの。

もし自分や家族が「膵炎」と診断されてしまったり、「膵炎の疑いあり」と言われてしまったりしたらどうしたらいいでしょう?

 

そして、膵炎では揚げ物が食べれなかったりと、食事制限必要とのことですがいったい?

 

ということで今回は、膵炎で気をつけなくてはいけない食事を調べてみましたのでご紹介します


スポンサーリンク

膵炎で食事制限はどれくらい?揚げ物・油ものが食べれない理由は?

膵炎とは?

胃のちょうど裏側にある隠れた臓器、膵臓。

最近では血糖値を抑えるインスリンを分泌する臓器として、注目を集める事もありますが一昔前までは存在を知らない人も多かったようです。

 

インスリンと同時に膵液という消化酵素も分泌していて、糖質・脂質・タンパク質の3大栄養素を消化分解するために重要な臓器です。

 

その膵臓に炎症が起きてしまうのが膵炎で、みぞおち付近に激痛を伴う急性膵炎と、慢性的に食後にみぞおちが痛くなる慢性膵炎があります。

膵炎 食事
(画像引用元:http://www.akagawara-vet.com

近年、食事の洋風化やアルコールの過剰摂取によって、膵炎にかかる人が増えているそうです。

スポンサーリンク

膵炎で食事制限は必要?揚げ物が食べれない理由は?

文字通りのたうちまわる程の激痛が起こる急性膵炎になってしまった場合の基本治療は絶飲食を基本とした内科的治療です。

 

アルコール性の慢性膵炎の場合は禁酒の必要があります。

アルコール性ではない場合には消化が悪いものを食べることで膵液の過剰分泌になって膵炎が悪化してしまいます。

 

暴飲暴食は避け、脂肪分の摂りすぎに注意する必要がありますので、揚げ物や洋菓子を避けるようにしましょう。

 

特にトンカツやメンチカツなどの肉が主材料の揚げ物や、スーパーのお惣菜などの揚げ物は動物性脂肪が多いので消化にもたくさんの膵液が必要になります。

膵炎 食事
(画像引用元:https://news.mynavi.jp

食後に胃やみぞおちが痛くなる事が多い方は、特に揚げ物には注意をした方がいいですね。

 

また食べる時に良く噛む事で消化の手助けとなりますので、良く噛む事を心がけることも大切です。

膵炎は揚げ物・油ものが食べれない!食事制限でならないように!

膵炎になってしまうと好きなものを飲んだり食べたりできなくなってしまうんですね。

 

私自身は膵炎と診断された訳ではありませんが、年齢を重ねるごとに胃腸が弱くなったのをひしひしと感じます。

 

油っぽいものを食べるとお腹が痛くなることもあるので、調べていて本当に胸の痛むことが多かったです。

 

みなさんもいくつになっても好きなものを食べられるように、日頃から暴飲暴食を避けたり良く噛んで食べるなど胃腸をいたわりながら生活していきましょうね。

 

せばな~