ダイエットはしたいけど、体重も重いし足腰も弱ってきているから運動に踏み切れないなんてありませんか?

 

そんな、あなたにぜひおススメなのが足腰への負担が軽く運動量が高い水中ウォーキングです。

 

ということで今回は、水中ウォーキングでダイエットをする方法を調べてみたのでご紹介します。

スポンサーリンク

水中ウォーキングでのダイエット効果とは?歩き方は?

水中ウォーキングとは

水中ウォーキングは水の中で足腰への負担を軽く、高い運動量を期待できる運動方法です。

水中ウォーキングの効果
(画像引用元:https://www.s-re.jp

 

水の中では浮力が働くため、胸まで水に浸かっていれば70%も足腰にかかる負担が軽減されます。

 

体重50kgの人が陸上での歩けば50kgの負荷が足腰にかかりますが、水中ならたったの15kgで済みます。

 

そのため、膝が悪い・足を怪我して治ったばかり・腰が痛いなどといった悩みがある方でも気軽に運動をすることができます。

 

また、水圧によって運動負荷が高まるので、陸上でのウォーキングをした場合と比べて2倍の効果が期待できます。

 

そして体温を維持するために体がカロリーを消費しようとする効果も追加されるので、陸上でウォーキングをするよりも圧倒的に運動量が高くなります。

 

なんと水の中にいることでセロトニンも分泌がされ、リラックス効果や自律神経の乱れを改善する効果も得られます。

 

歩くだけですので老若男女問わず取り組むことができる素晴らしい運動方法です。

水中ウォーキングダイエットのやり方

水中ウォーキングの運動時間や運動頻度は?

水中ウォーキングは有酸素運動なので、20分以上継続することで脂肪燃焼効果が得られます。

最低でも1回30分、可能であれば1時間以上はウォーキングをするようにします。

 

もちろん毎日続けるのが1番ですが、毎日1時間プールに通うのはなかなか難しいですよね。

 

週に2回~3回程度行うだけでも十分な効果が得られますので地道に継続しましょう。

 

ただし、最初から欲張って頑張ると辛くなって挫折してしまうこともあるので、最初は短時間から回数も少なめて始めるようにしましょうね。

食事制限などは特に必要ありません。

 

しっかり運動をすればその分お腹も空きますが、栄養のバランス良くしっかり食べてまた運動をすればいいのです。

水中ウォーキングの歩き方のコツ

水中ウォーキングの効果を更に高めるためには歩き方にもコツが必要です。

良い姿勢を保って歩くことはもちろん、さらに運動負荷を高める以下の歩き方で歩くのもおすすめです。

【大股歩き】

水中ウォーキングの効果
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

【横歩き】

水中ウォーキングの効果
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

【膝を上げて歩く】

水中ウォーキングの効果
(画像引用元:https://gendai.ismedia.jp

【後ろ歩き】

水中ウォーキングの効果
(画像引用元:https://article-image-ix.nikkei.com

水中ウォーキングでのダイエット効果!歩き方を覚えてチャレンジ!

足腰に負担がかるく、しっかり運動ができる水中ウォーキングなら効果も期待でき、頑張れそうな気もしますよね。

 

特に自宅や職場の近所に環境さえあれば継続する価値があると思います。

 

みなさんも、まずは1回近所のプールに行ってみて水中ウォーキングをしてみませんか?

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません