我が家の子どもたちはイクラが大好きです。

子どものくせに!と思うけれど、好きなものは仕方がない。

 

あのプチプチとした食感も楽しいのでしょうね。

 

そんないくらですが、似たような筋子がありますが、違いはなんなのでしょうか?

 

今回は、筋子といくらの味や値段の違いについて紹介します。


スポンサーリンク

筋子といくらの味や値段の違いは?

筋子といくらの違い

筋子 いくら 違い
(画像引用元:http://north-fish-djkani.up.seesaa.net

わたしは単純に筋子は魚のおなかに入っていた時の状態。

いくらは筋子をばらして食べられるようにしたもの、という認識でした。

 

しかし、実際の違いは以下となっています。

 

筋子:
筋のような卵巣膜の中に入って卵がつながったままの状態。
塩蔵品が多いが、未加工の生筋子もある。

 

いくら:
筋子の卵巣膜を取り除いて、熟した卵をひとつずつバラバラにした状態。
ロシア語での「イクラ」は魚卵すべてを指す。日本ではサケ科の卵をばらしたものをイクラと呼ぶ。

 

実は「いくら」になる前は「筋子」なのです。

日本語かと思っていたのですが「いくら」はロシア語だったんですね。

 

キャビアもタラコもロシア語にすれば「イクラ」、日本ではサケの卵が「いくら」です。

スポンサーリンク

筋子といくらの味や値段の違い

スーパーを見ていると、いくらは年中売られていますが、筋子は秋に出回っています。

 

並べてみくらべると、いくらの方がややお値段が高くなっています。

 

これはやはり、いくらのほうがほぐしたりと、手間がかかる分高くなっているようです。

 

「いくら」は成熟している卵のため、一粒が大きくて、崩れにくいです。


(画像引用元:https://auctions.c.yimg.jp

 

「筋子」はやや未成熟の卵のため、一粒が小さくて卵膜が柔らかく、崩れやすいです。

筋子 いくら 違い
(画像引用元:http://airacafe.vivian.jp

いくらは成熟しているので、あのプチプチっとした食感が楽しめます。

 

筋子はやや小さく卵膜が柔らかいため、食感的にはちょっと頼りない感じもしますが、柔らかいほうが好きな方にはおススメです。

 

筋子の楽しみは何と言っても自分で漬けられることです。

自分の好きな味に出来るのですね。

 

醤油に漬けている筋子も売られていて、この場合はほぐすだけで食べられます。

 

高級食材のいくらをお安くたっぷり食べたい!そんな時にはぜひ筋子を求めましょう。

筋子といくらの味や値段の違いは加工方法?ほぐして作ってみる?

見た目ちょっと引いてしまう「筋子」ですが、よく見るといくらの形が詰まっています。

 

流水で綺麗に洗ったり、丁寧にほぐしたりと手間はかかりますが、子どもも一緒にほぐしていると楽しいですね。

 

いくらよりは小さめですが、ご飯にたっぷりのせて美味しくいただきましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

訳あり天然紅鮭筋子【500g】送料無料
価格:3580円(税込、送料無料) (2017/5/11時点)

 

せばな~