最近TVや雑誌でも取り上げられる機会が多い「スクワットダイエット」をご存知ですか?

 

なんと食事制限をしなくてもダイエットができちゃうという、すごいダイエットらしいです。

 

そんなスクワットダイエットとはどんなもので、本当に食事制限なしなのでしょうか?

 

ということで今回は、スクワットダイエットとはどんなもので、食事制限なしは本当なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

スクワットダイエット方法は?食事制限無し!

スクワットダイエットとは?

スクワットは太もも周辺の筋肉を鍛えるエクササイズです。

スクワットダイエット方法
(画像引用元:https://kai-siri.com

 

人の筋肉の7割は下半身に集まっているといい、その中でも太ももの筋肉は量も面積も多く、消費カロリーも一番多い筋肉です。

 

そのため、太もも周辺の筋肉が衰えるだけで基礎代謝量が上がります。

 

基礎代謝が上がり、太りにくく痩せやすい体質になるのがスクワットダイエットです。

 

また、基本のスクワットは怪我をした後のリハビリなどにも採用される運動なので、老若男女誰でも挑戦できるのも嬉しいですね。

 

スクワットをすると、一番効果的に鍛えられるのは太もも周りの筋肉ですが、お尻やお腹、背中などの筋肉にも効果がありますので体全体の体力アップにもつながります。

スクワットダイエットの方法は?

  1. 足を肩幅より少し広く広げて、背筋を伸ばして立ちます。
  2. 腕をまっすぐ前に肩と同じくらいの高さまで上げます。
  3. 太ももが床と平行になるように意識しながら3?5秒かけてゆっくりと腰を下ろします。
  4. 太ももが床と平行になったところで3秒キープします。
  5. 3~5秒かけてゆっくりと2の状態に戻ります。

この1~5の動作を繰り返してスクワットをします。

 

普段運動を全くしていない人、高齢の方などは1セットを5回程度にしてもいいので継続することを第一に考えましょう。

 

慣れてきたら少しずつ回数を増やして、最終的には1セット10回で1日に3回程度が良いと言われています。

スポンサーリンク

スクワットダイエット中に食事制限は?

スクワットダイエットでは、基礎代謝を上げるための筋肉を鍛えるスクワットを行いますので、基本的には食事制限の必要はありません

もちろん暴飲暴食は厳禁ですが、普段通りの食事を続けて多少の間食をしても問題ありません。

 

特に筋肉に作用するタンパク質は良質のものをしっかり摂取するようにしましょう

 

また、糖質も程よく摂取することでエネルギー代謝がよくなりますので、スクワットダイエット中は食べ過ぎとバランスの良い食事に気をつけることを心がければOKです。

スクワットダイエットの注意点は?

スクワットダイエットは1週間で痩せる、などといった即効性の高いダイエットではありません。

継続することで少しずつ基礎代謝が上がり太りにくく痩せやすい体質になっていきます。

 

特に始める前にあまり運動をする機会がなかった方は一時的に筋肉痛になったり、太ももが太くなったような気がしたりすることがあります。

 

初めは少ない回数でもいいので、最低1ヶ月は続けることを目標に頑張ってみましょう。

 

また、無理な体勢でスクワットをすると腰を痛める可能性もありますので、慣れてきても過信せず鏡で体勢をチェックしながら行うといいですね。

スクワットダイエット方法は基本的に食事制限無し!

試しにスクワットをしてみましたが、確かに運動不足の体には5回でもキツかったです!

 

そうは言っても、何時間も走ったり歩いたり、過酷なトレーニングをするわけでもなく、5回のスクワットなら1分足らずで終わってしまうという素晴らしいダイエット方法。

 

みなさんも体力の衰えを防止するためにも、毎日続けてみませんか?

 

せばな~