私の初夏のお楽しみの一つはスモモやあんずなどの果物です。

 

そんなスモモとあんず、「スモモとあんず、あとネクタリンって似てるよね」と言われました。

言われてみれば確かに似ているし、違いもよくわかりません。

 

ということで今回は、スモモ、ネクタリン、あんずなどの違いを調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

スモモ・ネクタリン・あんずの違いは?

スモモとは?

スモモ(李・酢桃)はバラ科サクラ属スモモ亜科の植物です。

学名はPrunus salicina、英語ではAsian plum、Japanese plumと呼ばれます。

スモモ ネクタリン あんず 違い
(画像引用元:https://www.cotta.jp

 

地域によっては巴旦杏(はたんきょう・はだんきょう)などとも呼ばれるようです。

 

一般的に販売されている種類としては「大石早生」「ソルダム」「サンタローザ」などが有名でしょうか。

 

初春に白い花を咲かせ、6月下旬から8月中旬頃に収穫できます。

桃の実に比べて酸味が強いので「す」「もも」と呼ばれていますが、桃とは種が異なります。

 

「スモモも桃も桃のうち」という早口言葉がありますが、正確にはスモモは桃の仲間ではないんですね。

日本では自生しているスモモの木も多いそうです。

ネクタリンとは?

ネクタリンはバラ科モモ属サクラ亜科の植物です。

学名はAmygdalus persica var. nectarinaで、英語ではNectarineと呼ばれます。

スモモ ネクタリン あんず 違い
(画像引用元:http://kensai.co.jp

日本では「スバイモモ」とも呼ばれています。

モモと同種ですがモモのように果皮に毛はありません。

 

肉質がしっかりしまっていて、甘みが強いですが程よく酸味もあり近年人気になってきています。

 

日本で栽培されているネクタリンは果実が黄色っぽい品種がほとんどですが、白っぽい品種も多いようです。

スポンサーリンク

あんずとは?

あんずはバラ科サクラ属サクラ亜科の植物です。

学名はPrunus armeniaca L.で、英語ではApricotです。

スモモ ネクタリン あんず 違い
(画像引用元:https://ryoko-club.com

アーモンドや梅スモモに近い種ですが、熟すと甘くなり果肉がしっかりしているのでそのまま食用する事ができます。

 

ヨーロッパや中央アジアの品種は果肉の甘みが強いものが多く、東アジアの品種は酸味が強いものが多いようです。

 

3月下旬頃から4月初旬に淡紅の花を咲かせ、6月から7月下旬頃に収穫できます。

 

生食はもちろんですが、収穫期が短いのでジャムやドライフルーツに加工される事が多いようです。

プラムはすももの総称で同じ?

私もそうなのですが、スモモとプラムは別物と思っている人も多いと思います。

 

実はプラムは正確には「スモモ亜属」の総称です。

スモモ ネクタリン あんず 違い
(画像引用元:https://hermeswhispers.com

スモモ、梅、あんずなどのスモモ亜属は全てプラムであるという事ができるそうです。

スモモ・ネクタリン・あんずの違いあり!プラムはすももだった!

スモモとあんずは近い仲間で、ネクタリンは桃に近くてスモモとあんずとはちょっと違う。

普段何気なく食べていると全部似たように思えますが、微妙な違いがあるんですね。

 

食べ物の違いを考え始めると植物学や動物学に行き着いて、意外な事実がわかっておもしろいです。

他の食べ物も調べてみるのも面白そうです!

 

せばな~