えんどう豆ご飯は春らしくていいですよね。

 

最近えんどう豆に似ている、スナップエンドウをよく見かけますが、えんどう豆とどう違うのでしょうか?

豆ごはんにしても美味しいのかな?

 

ということで今回は、スナップエンドウとえんどう豆の違いについて調べてみました。


スポンサーリンク

スナップエンドウとえんどう豆の違い

スナップエンドウとは

スナップエンドウとは、アメリカで作られた品種で、さやと実を食べる事が出来ます。

スナップエンドウ えんどう豆 違い
(画像引用元:https://taberugo.net

 

絹さやのシャキシャキ感と、えんどう豆の甘さが味わえる美味しいスナップエンドウ。

大きくなってもさやが固くならないので、さやごと茹でて食べる事が出来ます。

 

サラダや炒め物、あえものにも使える、便利な豆です。

 

スナップエンドウには筋があり、取らないと口当たりが悪くなります。

 

ヘタの反対側の先端を少し折って内側の筋をひきます。

次にヘタを少し折って外側の筋を取りましょう。

スナップエンドウ えんどう豆 違い
(画像引用元:https://www.coopnet.jp

筋をとった後は、茹でても炒めても美味しく食べる事が出来ます。

スポンサーリンク

えんどう豆とは

えんどう豆とは、マメ科の一年草で、実を食べる豆です。

痩せた土地でもよく育つ性質があります。

スナップエンドウ えんどう豆 違い
(画像引用元:https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net

 

青臭さがありますが、これはヘキサナールという香りの成分があるからです。

青臭さが気になる人は、ちょっと長めに茹でると香りが抜け食べやすいです。

 

関西では、うすいえんどうが人気で、えんどう豆よりも青臭さが少ないです。

 

えんどう豆を未熟なうちに収穫しても、さやは固くて食べることはできません。

スナップエンドウとえんどう豆はさやも食べられるかの違い

えんどう豆はさやから出して、マメだけを食べますよね。

試しにさやをかじってみましたが、固くて食べられません。

 

スナップエンドウはさやも柔らかくて、丸ごと食べられます。

実だけ取り出してみましたが、さやも食べられるので実だけ出してももったいないです。

 

豆ごはんにする時は、えんどう豆のほうが風味があって美味しく感じました。

サラダに使う時は、筋を取って茹でたスナップエンドウが見た目もよく食べやすいですね。

 

どちらも春を知らせる美味しい野菜です。

綺麗な緑色を楽しみながら、美味しくいただきましょう。

 

せばな~