以前庭で野菜を育てていた時、うっかり取り忘れた絹さやが大きく太くなっていました。

 

見た目がスナップエンドウにソックリなので、そのまま湯がいて食べてみたのですが、やっぱり何か違います。

 

そんな、スナップエンドウと絹さやの違いは?

 

ということで今回は、スナップエンドウと絹さやの違いについて調べてみました。


スポンサーリンク

スナップエンドウと絹さやの違い

スナップエンドウとは

スナップエンドウとは、絹さやの新しい品種で、シャキシャキとした絹さやの食感とグリーンピースの甘さを兼ね備えた豆です。

スナップエンドウ 絹さや 違い
(画像引用元:https://i2.wp.com

 

1970年代後半から広く食べられるようになり、甘みが強いのが特徴です。

 

スナップエンドウはサラダに入れると彩りもよく、美味しいですね。

 

ちなみに、スナックエンドウと呼ばれることもありますが、正しくはスナップエンドウです。

スポンサーリンク

絹さやとは

絹さやとは、マメ科エンドウ属の野菜で、えんどう豆の実とさやを食べる事が出来る豆です。

とは言っても豆は小さくて平べったい形をし、シャキシャキとした食感が特徴です。

スナップエンドウ 絹さや 違い
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

関東では絹さや、関西ではさやえんどうと呼ばれることが多いですが、同じ豆を指します。

江戸時代から食べられている、日本人になじみのある野菜です。

 

うっかり収穫を忘れると、さやの中の豆が成長して大きくなります。

 

さやごと食べられる豆なので大きくなった豆も食べられますが、歯触りがいまいちです。

 

絹さやはやっぱり実が未熟な平べったいうちに収穫する方がお美味しいです。

スナップエンドウと絹さやはさやごと食べれる!違いを知って上手く料理に!

スナップエンドウも絹さやも、湯がいてそのまま食べられる、とっても便利な野菜です。

 

サラダにするならスナップエンドウ、味噌汁やちらし寿司に使うのなら絹さやの食感がいいですよね。

 

スーパーで売られている絹さやはどれも同じ厚みで歯ごたえがステキですが、やっぱり家庭菜園でも早めにとる方が美味しかったですね。

 

今度はスナップエンドウにも挑戦して、春の味覚をたっぷりと味わってみようと思います。

 

みなさんも、スナップエンドウと絹さやを使い分けて美味しく調理しましょう!

 

せばな~