暑さが和らいで朝晩涼しくなってくるとやってくるのが食欲の秋からの動かずに太る冬!!

 

そんな嘆きをお持ちの皆さん、今年はスノーシューで楽しくダイエットはいかがですか?

 

ということで今回は、スノーシューダイエットの効果と、そのやり方を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

スノーシューダイエットとは?効果・やり方は?

スノーシューダイエットとは

スノーシューダイエットは西洋版の「かんじき」スノーシューでアクティビティを楽しみながら行うダイエット方法です。


(画像引用元:https://yy5zymc9.user.webaccel.jp

 

雪で、特に降り積もって間もない新雪の上を歩こうと思ってもズブズブと足が沈む一方ですが、雪上歩行具の一つスノーシューを使えば楽に歩くことができます。

 

ただし、スキーやスノーボードなど一般的なウィンターアクティビティは技術が必要だったり、衝突や転倒の危険性があったりします。

 

スノーシューなら履いたそばから楽々歩くことができるので、老若男女問わず誰でも行うことができます。

衝突や転倒の危険性も格段と下がります。

 

そして、スノーシューを履いているからといって普段の道での歩行に比べて歩きにくく圧倒的に負荷が高くなります。

 

スノーシューでウォーキングをした場合、通常の道でのウォーキングの2~5倍と、消費カロリーが格段とアップします。

 

その上、普段はなかなか目にすることができない雪の世界が楽しくてあっという間に1時間くらいは歩けてしまうそうです。

一面の銀世界は森林浴と同様にストレス解消にも効果があります。

 

冬の間こたつでぬくぬく過ごす日が多くなりますが、スノーシューを履いて銀世界に1歩踏み出せばいつもと違う景色に目を奪われて、ストレス発散にも役立ちます。

スノーシューダイエットのやり方

スノーシューダイエットではスノーシューを履いて雪道を歩いてカロリーを消費します。

スノーシューダイエット 効果
(画像引用元:http://event.montbell.jp

 

ただ、余程の豪雪地帯にお住いの方以外は日常的にスノーシューを取り入れるのは難しいかもしれませんね。

 

例えば毎週末になったらスノーシューを楽しむというダイエット方法がおススメ。

平日は週末のスノーシューに向けて基礎トレーニングとスノーシューや装備の点検などに勤しみます。

スポンサーリンク

スノーシューダイエットの注意点

スノーシューを履いているからといっても、雪道には危険が伴うため注意が必要です。

 

市街地で行う場合は車の往来がありますし、雪で分離帯や歩道と車道の境目がわかりにくいことがあります。

 

山間部の場合は一面の銀世界のため目印がなく、遭難の危険性が高くなります。

 

スノーシューを楽しみたい場合は、スノーシューのコースを用意しているスキー場などを利用すると良いでしょう。

 

最近ではスノーシューで雪山登山やハイキングをするツアーなども開催されていて、ガイドが付き添ってくれるので初心者でも安心してスノーシュー体験できます。

スノーシューダイエットで効果的にカロリー消費!やり方は楽しく出来る!

冬は寒くて動く機会が少なくなってしまい太りがちですが、楽しく遊びながらダイエット効果が得られるスノーシューダイエットはおススメです。

 

みなさんも、日本では毎日行うことができる地域が少ないですが、冬のレジャーにぜひチャレンジしてみてください。

 

せばな~