先日同僚がスペインに旅行に行き、お土産話を聞かせてもらいました。

私はスペインには行った事がなく、あいにくスペインにゆかりのある方も周りにいないので新鮮でした。

 

そんなスペインの食文化は日本と何が違うのでしょうか?

 

ということで今回は、スペインと日本の食文化の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スペインと日本の食文化の違い

1日の食事の比重

日本は比較的朝と夜に重きを置き、昼ごはんは仕事の合間に簡単に済ませるものという認識が強いです。

対してスペインでは朝・夜はほとんど食べず、昼にガッツリ食べます。

スペイン 日本 食文化 違い
(画像引用元:https://vamos-online.co.jp

 

スペインでは朝はコーヒーを飲み、人によってコーヒーのお供にチュロスなどの軽いパンを少し食べる程度。

 

そして、夜も比較的軽めで、サラダやサンドイッチなどをつまみにお酒を飲みます。

 

そんな朝・夜が軽い食事なのに対して、昼は豪勢で一般的に前菜と・メイン・デザートのコースメニューでボリューム満点。

スペイン料理で有名なパエリアも実はお昼に食べるのが一般的な食べ物です。

 

食後はすぐに席を立つのではなく、食後酒を楽しみながら同席者と会話を楽しみます。

バルのはしご「タパス」を楽しんだり、午睡の「シエスタ」で英気を養ったりします。

 

ランチタイムも14時から16時が一般的で、ゆったりと取ります。

職場から自宅が近い人は一度帰宅して家族と一緒に昼食を取るのも一般的です。

旅行でスペインに行って、12時頃に飲食店に行ったらまだ「準備中」ということも多々あります。

おやつ

日本ではおやつの時間といえば「3時」だが、スペインは11時頃や16時~17時頃にもとおやつの時間が多々あります。

 

スペインでは昼が14、15時から始まり、その分スペインの人たちは11時頃にコーヒータイムを取り、軽いサンドイッチやクッキーなどのおやつを食べます。

 

子供達も学校でメリエンダというおやつ時間が用意されていて、親が持たせたサンドイッチやフルーツなどをしっかり食べてお昼に備えます。

 

更に、16時~17時頃にも軽くおやつを食べて、夕食は21時過ぎから食べ始める事が多いようです。

飲み物

日本でお店に入ったら注文せずともお水が提供されますが、スペインではワインが注文せずとも出てきます。

 

スペインでは、お店のセットメニューにワインが含まれています。

 

さらに、お店に入って注文もしていないのにワインが出てくる、なんてこともあるそうです。

オイルの使い方

日本にくらべてスペインでは、オリーブオイルだったりと大量にオイルを使います。

 

日本では天ぷらやフライを作るときにこそ油をたくさん使いますが、基本的な和食を作るときにはそれほど油は使いません。

 

大容量の油を買ってしまったら何ヶ月もかかってようやく消費できた、なんてこともあります。

 

スペインでは家庭で5リットル入りのオリーブオイルを購入しているというのも当たり前。

オリーブオイルはどんな料理にもたっぷり使いますが、スペインで独特なのはやはり「オイル煮」。

スペイン 日本 食文化 違い
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

 

最近では日本でも人気のアヒージョがその1つです。

低温ののオイルで煮る事で素材の旨味がじっくりと引き出される料理方法ですね。

スペインと日本の食文化の違いを知って食に触れる!

スペインのお料理は、確かにオイルをたっぷり使っているせいか留学や移住している方にとっては脂っこくて食べ飽きると思われる事も多いようです。

 

でも、旅行で数日行く分にはとても美味しいものが多く、バルのはしご(タパス)もとても楽しいんだとか。

 

最近では日本にもスペインバルが増えてきましたが、ぜひ本場スペインでその食文化に触れてみたいと思いました。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません