イベントで「しゃくし作り体験」というものに参加してきました。

でも、できあがったのはどう見ても「しゃもじ」で、「しゃくし」と同じなのでしょうか?

 

そんな、「しゃもじ」と「しゃくし」の違いは?

 

ということで今回は、「しゃもじ」と「しゃくし」の違いを調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

しゃもじとしゃくしの違いは?

国語辞典での違いは?

日本語のことなら広辞苑でしゃもじ(杓文字)を調べてみると、

「杓子しゃくし」の女房詞)飯や汁などをすくう道具。特に、飯をよそう道具。

しゃくし(杓子)を調べてみると、

飯または汁などの食物をすくいとる具。頭は小皿のようでこれに柄をつけたもの。古くから木製と貝製があり、飯をすくうものを飯匙(いいがい)と称した。現在はステンレスなどの金属製が多い。しゃもじ。

と、同じような意味合いのようで同じじゃない、すごくわかりにく表現です。

 

ほかの国語辞典でしゃもじを調べてみると…

  • しゃくし。杓子を略して女性語で文字をつけた言葉。
  • めしや汁などをすくう道具、しゃくし、いいがい、へら。杓子の女言葉。
  • 近代では飯用をしゃもじ、汁用をしゃくしという

しゃくしを調べてみると…

  • 汁や飯などをすくったりよそったりするのに使う道具。柄の先が小皿のようになった汁用と,平たい板の飯用がある。しゃもじ。
  • 御飯をよそったり みそしる・すましなどをすくったり する、柄の付いた道具。〔現在では、前者を「しゃもじ」、後者を「お玉」と言う〕

などなど、しゃもじもしゃくしも同じような意味合いなのだということがわかります。

 

更にいくつかの辞書に記載されているように、現代ではご飯用を「しゃもじ」、汁用を「しゃくし(お玉杓子)」と言い分けられているようです。

「しゃくし」「しゃもじ」は女房詞の違い?

実は「しゃくし」の優美で上品な言い回し「女房詞」が「しゃもじ」と言われています。

 

女房詞は室町時代から始まった宮中仕えの女房が使っていた言葉です。

 

言葉の頭に「お」をつけて丁寧さを表したり、言葉の最後に「もじ」をつけて湾曲的に表現したりする語句。

おかか、おかき、おかず、おから、おこわ、おしゃもじ、おめもじ、おくもじなど主に衣食住に関する言葉が多いです。

 

優美で上品な言葉遣いだともてはやされ、将軍家に仕える侍女たち、武家や町家の女性へと広がっていきました。

しかし、現代ではその言葉が正式名称のようになっている言葉も少なくありません。

 

そんな、女房氏が「しゃくし」を優美で上品な言い回しとして「しゃもじ」と言ったとのことです。

スポンサーリンク

しゃくしとおたまじゃくしは?

「しゃくし」は「しゃもじ」のように飯を盛るへら状のものから、「おたまじゃくし」のように汁をすくうものまで様々に使われています。

 

近年ではご飯を盛る道具を「しゃもじ」といい分けるように、汁をすくうものの中でも大きなものはおたまじゃくし(おたま)、小さめのものは「おさじ(スプーン)」と言い分けられています。

しゃもじとしゃくしの違いは言い方

しゃもじとしゃくしも大きく分類すれば1つの道具。

生活スタイルや使い方によって言い方が変わるのが面白いですね。

 

次の改元の頃にはまた新しい呼び名が主流になっているかもしれませんね。

 

せばな~