同じお肉でも、切り方によっていろいろな呼び名がついています。

 

その中でもよく使う、しゃぶしゃぶ用・薄切り・小間切れ・切り落としの違いとは?

 

ということで今回は、しゃぶしゃぶ用・薄切り・小間切れ・切り落としの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

 しゃぶしゃぶ用・薄切り・小間切れ・切り落としの違い

しゃぶしゃぶ用とは?

しゃぶしゃぶ用は文字通りしゃぶしゃぶ用にカットされた肉で、一般的には1㎜以下の厚みがあります。

しゃぶしゃぶ用 薄切り 小間切れ 切り落とし
(画像引用元:http://nabe.moranbong.co.jp

 

茹でた時に美味しく食べられるように計算されたお肉の切り方です。

しゃぶしゃぶ以外にも鍋に使ってもよし、炒め物に使ってOKです。

薄切り肉とは?

薄切り肉は何ミリ以下の厚み、と決められていません。

 

一般的にしゃぶしゃぶ用よりは分厚く、生姜焼き用よりは薄い肉を薄切り肉と呼びます。

そのため肉の厚みは店によって様々です。

 

ロースやバラなど各部位ごとに薄切り肉が作られているので、炒めても揚げ物にしても便利な薄切り肉です。

切り落としとは?

切り落としは肉を加工する時に出てきた中途半端なお肉ですが、決まった部位の肉が切り落とされています。

しゃぶしゃぶ用 薄切り 小間切れ 切り落とし
(画像引用元:https://www.zaikoban.com

 

 

切り落としは、部位ごとに成形した後「切り落とした」肉を指すことが多く、ロース肉の切り落とし、バラの切り落としなど部位名が記載されています。

 

部位が分かっているので、好みの部位がある方にとってはお手軽な金額で買うことができます。

小間切れとは?

小間切れ肉も肉を加工する時に出てきた中途半端なお肉ですが、いろいろな部位が混ざって売られていることが多いです。

しゃぶしゃぶ用 薄切り 小間切れ 切り落とし
(画像引用元:http://costco-suki.up.n.seesaa.net

 

ロース肉もあれば、バラ肉もある、いろいろな部位のおいしさを楽しめるのが、細切れ肉の魅力です。

 

肉の厚みが均一の小間切れもあれば、厚みもバラバラ部位もバラバラな小間切れもあります。

切り落としに比べてややお安く、お買い得です。

しゃぶしゃぶ用・薄切り・小間切れ・切り落としの違いを知って目的に合わせて

大きさも厚みも均一にカットされた肉が欲しいのなら、しゃぶしゃぶ用や薄切り肉がおススメです。

しかし家で食べるだけなら小間切れや切り落としでも十分美味しいです。

 

我が家ではロースの切り落としでしゃぶしゃぶしたり、細切れ肉でお好みやきを作ったりと大活躍。

 

みなさんも、目的によってうまくしゃぶしゃぶ用・薄切り・小間切れ・切り落としを使い分けましょうね!

 

せばな~