老若男女問わず、家庭料理の人気上位に君臨すると言っても過言ではない生姜焼き。

 

でも、いざ作ろうとするとお肉が硬くなってしまったりと難しいんですよね。

そんな生姜焼きの肉を柔らかくする方法は?

 

ということで今回は、生姜焼きを柔らかく作る方法を調べてみたのでご紹介します。


スポンサーリンク

生姜焼きを柔らかくする・焼く方法まとめ!

常温に戻しておく

お肉を常温に戻しておくことが大切で、特にロースの生姜焼き用スライスは厚みがあるので、冷たいまま焼くと中まで火が通るのに時間がかかり加熱し過ぎになってしまいます。

 

30分くらい前には冷蔵庫から出しておくのがおススメです。

 

ズボラな私はつい冷蔵庫から出してすぐに焼き始めてしまいます。

でも、実は下処理はとても大切な行程です。

肉の筋を切る

これもまた、面倒だと思ってしまう行程の1つ。

でも筋が残っていると焼いた時に筋が縮んでお肉を固くしてしまいます

 

脂身と赤身の間に筋が通っているので、何ヶ所か包丁を刺して筋を切るようにしましょう。

生姜焼き 柔らかくする方法
(画像引用元:https://i.ytimg.com

下味と粉を振る

 

焼く直前に下味として塩胡椒を振ります。

早めに味をつけてしまうと調味料の塩分でお肉の水分が出てきてしまいます。

生姜焼き 柔らかくする方法
(画像引用元:http://www.nisikimi.co.jp

薄く小麦粉をまぶします。

小麦粉がお肉の表面をコーティングする事でお肉の中から水分が出てしまうのを防ぐことができます。

スポンサーリンク

お肉を並べてから火をつける

熱したフライパンに油を敷き…お料理本には必ずと言っていいほど出てくるフレーズですね。

これは主に鉄製のフライパンに当てはまる調理方法です。

生姜焼き 柔らかく焼く方法
(画像引用元:http://blog-imgs-35.fc2.com

ご自宅で使っているフライパンが鉄製の方は薄く煙が出る程度まで温めてから油を馴染ませてお肉を入れます。

 

それ以外のフライパンの場合は火を付ける前にお肉を並べます。

 

お肉も含めて徐々に温度が高くなることで、豚肉の繊維が萎縮するのを防げます。

 

お肉の両面に焼き色をしっかりついたら調味料で味付けをしましょう。

タレに蜂蜜

生姜焼きを作る時に味付けをする調味料でお砂糖を使う方もいると思います。

 

このお砂糖を蜂蜜に変えると蜂蜜の酵素がお肉を柔らかくしてくれます。

 

甘めの生姜焼きが好きな方はぜひチャレンジしてみて下さい。

生姜焼きを柔らかくする・焼く方法で美味しく!

お料理を作る時に「ほんの一手間」とは良く言いますがまさにその通り。

 

一手間を加えるだけでいつものお料理がお店のような美味しさになるんですね。

 

みなさんも、面倒がらずに一手間をしっかり加えていきましょう!

 

せばな~